3Dプリント材料および機器市場:自動車セグメントが、2028年に17%超のシェア獲得予測

3Dプリント材料および機器市場は、様々な産業分野での3Dコンポーネントに対する需要により、2028年までに顕著な成長を遂げると予想されています。

最近、主要な業界プレーヤーは、簡単な3D印刷や焼結システムの導入に注力しており、印刷材料および機器市場の成長につながっています。例えば、2022年3月、3Dプリントシステムおよびサービスを提供するExOneは、日本のメーカーである木村鋳造グループから砂型3Dプリントシステムの10件目の受注を獲得しました。

3Dプリント材料および機器市場は、製品、エンドユーザー、地域に基づいて分類されており、材料別に、セラミック、プラスチック、金属、その他に分けられます。プラスチックセグメントは主要な市場シェアを占めており、自動車、産業、医療分野からの高い需要により、2028年まで堅調に成長すると見られています。その他市場のセグメントは、2028年までに7億3,000万米ドルに達すると予想されています。

エンドユーザー別に、市場は、電子機器・消費者製品、自動車、医療、産業、教育、航空宇宙、その他に分類されます。自動車セグメントは、2028年までに17%超のシェアを獲得すると思われます。学術機関からの高い需要から、教育セグメントは大幅な成長を示すと予測されています。

産業セグメントは、2022年~2028年の間CAGR 9%超で成長すると予測されています。航空宇宙セグメントは、2028年までの収益が6億8,000万米ドルを超えると推定されています。その他セグメントの市場規模は、2022年から2028年の間にCAGR 8%超で成長すると思われます。

製品別に、市場は、カラージェット、溶融堆積モデリング(FDM)、ステレオリソグラフィー(SLA)、ポリジェット、選択的レーザー焼結(SLS)、その他に分類されます。ポリジェットセグメントは、2028年にはが1億9,000万米ドル超の売上高を記録すると予想されています。

選択的レーザー焼結(SLS)セグメントは、産業分野からの製品需要により、着実な成長が期待されます。カラージェットセグメントは、2028年までCAGR18%で成長する見込みです。その他のセグメントの市場規模は、2028年末には3億米ドルに達すると予想されています。

地域別に、欧州市場は、国内産業および医療セクターの良好な需要により、高い成長を示すと考えられています。中南米地域は、2022年から2028年の間に、CAGR10%超で成長すると思われます。一方、中東およびアフリカ市場は、2028年までに4億米ドルに達し、著しい成長が見られると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]