CRO質量分析サービス:医療機器企業セグメントが2028年にかけて17.5%で成長予測

CRO質量分析サービス市場は、高解像度の結果をもたらす分光器の技術的進歩により、2028年までに大きく成長すると予想されます。また、消費者の間で食品の安全性に関する懸念が高まっていることや、慢性疾患の増加が、今後の業界の拡大をさらに後押しするものと思われます。

コロナウイルスの発生後、製薬およびバイオ医薬品セクターにおける検査用途の質量分析に対する高い需要により、CRO 質量分析サービス市場は顕著な成長を遂げました。さらに、研究開発活動をサポートする受託研究機関 (CRO) の質量分析のアウトソーシングに関するコラボレーションが、事業の成長に重要な役割を果たしました。

業界の主要参加者は、この分野でより良い地位を得るために、検査時間の短縮と精度の向上に注力しており、ビジネスダイナミクスが向上しています。例えば、2020年6月、バイオ分析ラボのサービスプロバイダーであるAlturas Analytics, Inc.は、運用機能を向上させるために低流量LC-MS/MSを導入しました。この目的のために、同社は、SCIEX Triple Quad 7500 LC-MS/MSシステムのマイクロフロー用に意図されたOptiFlowイオンソース、より高い感度と動的多様性により、QTRAP Readyを含めることを決定しました。

別の例では、2022年4月、大手製薬会社のCharles River Laboratories (CRL) が、サンフランシスコとボストンでの事業を強化するために、動物園研究施設の契約プロバイダーのトップ企業であるExplora Biolabsと2億9,500万米ドルの契約を締結しました。これにより、CRL は、Charles River Accelerator and Development Lab (CRADL) 事業を拡大することを意図しています。

CROの質量分析サービス市場は、サービスタイプ、エンドユーザー、地域の観点から分類されています。サービスタイプ別に、市場は、プロテオミクスサービス、メタボロミクスサービス、その他に細分されます。メタボロミクスサービスのサブセグメントは、2028年までに3億1,620万米ドルの収益を上げると予想されます。

最終用途別に、市場は、医療機器企業、製薬・バイオ医薬品企業、その他に分別されます。2021年は、医療機器企業セグメントが17.5%のシェアを占め、2028年にかけて力強い成長を観察する可能性があります。

地域別に、2021年は、ラテンアメリカ地域が市場の4%を占め、2028年までに高い評価額を達成することが予定されています。一方、中東・アフリカ地域は、2022年から2028年の間CAGR13.9%超で成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]