水分計市場: 3Dプリント生産における水分測定技術の導入に進展も

水分計市場は、急速に進化する自動化プロセスにより、2028年まで力強い成長を見せると予想されます。また、スマートシステムに対する需要の高まりが、今後の業界拡大にさらなる拍車をかけると考えられています。

水分計は、食品、繊維、農業など、さまざまな産業施設に応用できる重要なツールです。水分は、保存期間、品質、重量、価格などの主要な品質管理基準に影響を与えるため、水分計は不可欠なものとなっています。

さらに、3Dプリント対応の水分検出は、プリンターのチャンバー内と生産プロセス中の2点における測定に有効であることから、3Dプリントの技術的な進歩による水分測定技術の導入が進んでいます。

水分計市場は、機器タイプ、技術、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。機器タイプ別に、市場は、インライン型、デスクトップ型、ハンドヘルド型に分類されています。このうち、ハンドヘルドセグメントは、2021年に5億米ドル超となり、2022~2028年にCAGR6.0%の成長を記録すると予測されています。これは、最適な品質管理基準を維持するための水分分析手順でハンドヘルド水分計が幅広く使用されていることに支えられています。

技術別に、市場は、静電容量、カールフィッシャー滴定、近赤外線、乾燥減量(LoD)、その他に細分化されています。2021年、カールフィッシャー滴定セグメントは4億4,600万米ドル超と評価され、トレーサビリティや正確さなどの利点により、2022年~2028年の間、約6.4%の成長率を記録すると思われます。製薬業界では、適切な物理的・化学的特性を持つ高品質の製品を確保するために、水分を測定するカールフィッシャー滴定の使用が増加しており、同セグメントの需要を促進すると予想されます。

アプリケーション別に、市場は、半導体、化学・石油、食品・飲料、医薬品、プラスチック・ポリマー、金属・鉱業、研究・学術、その他に分類されています。2021年に、プラスチック・ポリマーセグメントの市場規模は6,200万米ドルを超え、高い成長を記録すると思われます。最終製品の特性や外観を決定する上で、プラスチック加工における水分の重要性が、同セグメントの拡大を後押ししています。

地域別では、ラテンアメリカの水分計市場は2021年に1億1,600万米ドルを超え、2028年までCAGR 6.2%で成長すると予測されています。工業製品や商品の保護に関する意識の高まりが、今後の市場成長を促進すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]