臨床栄養市場:2021年の代謝性疾患セグメント、154億4500万米ドル超え

臨床栄養市場は、世界的な高齢者人口の増加により、2030年まで大きな成長を記録すると予想されています。また、一般市民の間で健康管理に対する意識が高まっており、これも市場の成長にプラスの影響を与えると考えられます。

近年、業界の主要プレイヤーは、ビジネス上の地位を向上させるために製品イノベーションに投資しており、それによって臨床栄養市場のダイナミクスを強化しています。例えば、2022年7月、健康科学の専門家であるFemTec Healthは、栄養に関する推奨事項を提供する栄養プラットフォームであるNutrimedyを買収しました。FemTecは、サプリメントなどの製品を顧客の自宅に送り、自宅での検査を可能にするだけでなく、遠隔健康訪問を提供する「Awesome Woman」という消費者直販のプラットフォームにこのツールを統合する予定です。

臨床栄養市場は、消費者、流通チャネル、製品、用途、地域別に分類されています。

流通チャネル別に、市場は、小売店、薬局・薬店、オンラインチャネル、その他に分類されます。薬局・薬店セグメントは2021年の売上シェアが27.0%で、2030年まで大きく成長すると予測されます。これは、ライセンスを持つ薬剤師を通じて製品に簡単にアクセス・検証できる利点によるものです。

製品別に、市場は、乳児栄養、非経口栄養、経腸栄養に分類されています。非経口栄養セグメントは、高齢化社会のニーズに応えるための使用が増加していることから、2030年まで大きく成長することが予想できます。

アプリケーション別に、市場は、代謝性疾患、消化器系疾患、がん、神経系疾患、その他に分類されます。代謝疾患セグメントは、2021年に154億4500万米ドル超と評価され、代謝性疾患の有病率の高まりにより、2022年から2030年にかけて堅調な成長を遂げると予測されています。代謝性疾患の治療を促進する製品へのアクセスが増加することで、さらなる市場の拡大が予測されます。また、神経疾患を患う患者は脱水や微量栄養素の欠乏のリスクが高く、このことが神経疾患セグメントの成長を促進することが考えられます。

地域別に、欧州市場は、小児患者と慢性疾患の急増を背景に、2030年まで大きく成長すると予想されます。また、中南米市場も、入院患者の約39.6%が栄養失調のリスクを抱えていることから、大幅な成長が予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]