熱電併給市場:天然ガス部門は発電所の改修などにより堅調に拡大

熱電併給(CHP)市場は、主要地域における都市化と工業化の進展により、2028年までに急激な発展を遂げると予想されています。また、有害排出物の削減を目的とした政府の厳しい規制が、2022年から2028年の間の業界拡大をさらに後押しするものと思われます。

熱電併給システムは、排出量の削減、エネルギーコストの削減、燃料の利用効率の向上など、環境面におけるさまざまなメリットがあります。世界中で地域暖房システムの需要が高まっていることが、過去数年にわたり熱電併給市場の普及を後押ししています。

市場の新たなトレンドを収益化するために、業界関係者は有益な戦略を実施し、それによって全体的なビジネスシナリオを強化しています。例えば、2020年11月、ドイツに拠点を置く、定置用および船舶用の大口径ディーゼルエンジンとターボ機械のプロバイダーであるMAN Emergy Solutions SEは、ドイツ南部のシュヴァビッシュ・ホールにあるCHP-プラントの拡張を発表しました。既存のCHPプラントにMAN 12V35/44G TSガスエンジンを追加することにより、プラントの出力と効率を大幅に向上させることを目的としています。熱電併給市場は、技術、燃料、容量、最終用途、地域によって分類されています。

燃料別に、市場は、バイオマス、天然ガス、石炭に分類されています。天然ガスは、既存の発電所の改修やレトロフィットが進んでいることから、堅調に拡大することが予想されます。また、炭化水素の生産量増加による価格低下も、今後の成長を後押しするものと思われます。

技術別に、市場は、レシプロエンジン、コンバインドサイクル、ガスタービン、蒸気タービン、その他に分類されます。コンバインドサイクルのサブセグメントは、高いCAGRで発展し、2028年末には高い評価額に達すると予測されます。コンバインドサイクル技術は、簡単な構成、効果的な設計、高い効率を提供し、今後数年間で製品需要を高めると思われます。

レシプロエンジンのサブセグメントは、堅実な成長軌道を示し、2028年までに高い収益を獲得すると予想されます。レシプロエンジンは、高い熱効率と低排出ガスを達成し、2022年から2028年にかけて同セグメントの成長を促進すると予想されます。

地域別別に、欧州、アジア太平洋、北米、その他の地域の熱電併給市場が、顕著なCAGRで進行し、2028年までに確実な利益を獲得すると思われます。天然ガス価格の低下とエネルギー効率化志向の高まりが、中南米でのCHP技術の採用を促進するものと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]