ブラックペッパー市場:化学物質ピペリンによる刺激的な強い香りに加え、防腐と抗炎症作用も

ブラックペッパー市場は、急速に拡大する食品・飲料部門に牽引され、2027年までに堅調に成長することが予測されています。また、世界のパーソナルケア産業からの強い需要も、市場の収益見通しを促進することが期待できます。

ブラックペッパーは、世界で最も利用されているスパイスの1つで、地域のさまざまな料理で調味料として広く使用されています。世界各国のほとんど全てのレストランで、塩同様に、食卓に欠かせない調味料として使われています。

スパイスの辛さは、ピペリンという化学物質によるもので、料理に加えると刺激的で強い香りを放ちます。さらに、ピペリンの最大の特徴は、防腐作用と抗炎症作用にあります。

これらの特性により、ブラックペッパーは、しわの予防、肌の育成、口腔衛生の改善、健康な髪の育成を助けるなど、パーソナルケア製品において重要な位置を占めています。また、抗うつ作用があるという研究結果もあり、医薬品分野での応用も期待されています。ブラックペッパー市場は、製品、原産地、最終用途、地域別に分類されます。

製品別に、市場は、ランパンブラックペッパー、ブラジルブラックペッパー、ベトナムブラックペッパー、サラワクブラックペッパー、インドブラックペッパー、その他に分類されます。

サラワクブラックペッパーセグメントは、今後も有利な売上げを記録すると思われます。2020年には、特徴である木質のスパイスと混合フレーバーへの強い需要により、同セグメントは2億2,000万米ドル超と評価されました。

ベトナムブラックペッパー産業は、料理の人気の高まりと、それに伴うベトナム食材の需要の増加により、驚異的な成長を遂げ、2027年末には、13億5,000万米ドルの評価額に到る見込みです。

その他の分野は、2021年から2027年の間、CAGR3%超で成長すると予測されます。

地域別に、ラテンアメリカ市場が、食品・飲料業界の活況により、2021年から2027年の間CAGR4%超で成長し、安定した伸びを見せると予想されます。一方、中東・アフリカ地域のブラックペッパー市場は、2020年に1億6,000万米ドル超と評価され、2027年末までに力強い成長を記録すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]