神経血管デバイス市場におけるバルーンシステム、2022年から2028年の間CAGR6%で成長予測

神経血管デバイス市場は、急増している神経障害の有病率に牽引され、2028年までにかなりの利益を上げるものと予想されています。患者は、より効果的な神経血管デバイスの開発を待ち望んでおり、今後数年間の業界の成長を推進することになります。

神経疾患はNDとも呼ばれ、身体の末梢神経系、自律神経系、中枢神経系に影響を及ぼす異質な疾患です。非伝染性のNDには、多発性硬化症、非片頭痛、片頭痛、アルツハイマー病やその他の認知症、てんかん、パーキンソン病、その他の神経障害などの病気があります。

最近の、NDによる障害や死亡の負担は、国際的な公衆衛生上の課題として、世界の医療機関に認識されるようになりました。汎米保健機構(Pan American Health Organization)によると、人口の高齢化の結果として、これらの疾患は今後数十年の間に驚異的に増加すると報告されています。

最新の国連報告によると、世界人口の約6人に1人にあたる10億人が神経障害を患っており、毎年約680万人が神経障害で命を落としています。市場は、製品、プロセス、治療用途、地域、最終用途などに基づいて分類されています。

製品別に、市場は、頸動脈ステント、塞栓コイル、カテーテル、頭蓋内ステント、フローダイバータ、塞栓防止装置、嚢内装置、神経血栓除去装置、ステント回収器、バルーンシステム、ガイドワイヤー、その他に分類されています。このうち、バルーンシステムセグメントは、2022年から2028年の間CAGR6%で成長すると予測されています。これは、同製品が、患者にとって安全でより効果的に進歩していることに起因しています。

プロセス別に、市場は、脳血管造影、神経血栓切除、ステント、頸動脈内膜切除、マイクロ外科クリッピング、流路転換、コイリング、その他に分類されます。2021年、ステントセグメントは4億5,300万米ドル超と評価されました。同セグメントは、神経血管疾患の治療において製品の需要が高まっているため、安定したペースで成長することが予測されています。

治療用途別に、市場は、狭窄セグメントで顕著な成長が見られると考えられます。同セグメントは、関連有病率の上昇により、2022年から2028年の間CAGR6%超で成長すると思われます。

最終用途別に、外来手術センターは、2021年に10億米ドルの市場評価を示しました。この成長は、同センターで提供される低コストの治療に起因しています。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、ヘルスケアおよび医療インフラの発展により、2022年から2028年の間CAGR4.5%を記録すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]