電力消費の監視、スマートメーターの市場規模、2022年から2030年にかけてCAGR8%を超える成長予測

スマート電気メーターの市場規模は、2021年に160億米ドルを超え、2022年から2030年にかけてCAGR8%を上回る成長が予測されています。世界的な電力需要の増加に伴い、電力消費量を効果的にモニタリングして電気代を削減することが求められており、スマートメータシステムの導入を促進しています。

電力消費を監視および制御するために、従来のメーターに代わってスマートメーターを採用するスキームや政策が、業界の成長を支えています。さらに、スマートグリッドの導入に向けた民間企業や公的機関の投資が急増していることも、市場の需要をさらに喚起します。

住宅用のスマート電気メーター市場は、2030年までに180億米ドルに達すると予想されています。ここ数年、不動産業界は人口の増加に伴い著しい成長を遂げており、住宅分野でのエネルギー消費量も増加しています。スマートメーターを使用することで、住宅所有者は電力消費量を遠隔地から効率的に監視することができ、電力使用量をコントロールして、電気代全体を大幅に削減することができます。さらに、メーカーはエネルギー効率の高い建物を開発し、電力を節約するためにさまざまなエネルギーコードを導入しており、建物へのスマートメーターの導入が促進されています。

また、既存の送電網インフラを整備するためのスキームや規制の導入も、市場の拡大を後押ししています。発展途上国の住宅部門では、電力の盗難が増加しており、より信頼性の高いモニタリングシステムの必要性が高まっています。さらに、所得の増加に伴う生活水準の向上により、エンドユーザーの関心は、家庭内に先進技術を導入することにシフトしています

効果的なリモートコントロールとモニタリングAMI技術の採用

AMI(高機能電力メーター)システムは、再生可能エネルギーネットワークの拡大に向けた投資の増加や、グリッドインフラの近代化に向けた継続的な取り組みにより、2030年までに急激な成長が見込まれています。AMI技術には、遠隔地からの効果的な監視・制御、即時の故障検知などの特徴があり、技術の普及を促進します。さらに、データセンター、建設、石油・ガス産業などへの応用性の高さから、世界的に普及が進んでいます。

AMI技術は、顧客サービスの向上、効率的な負荷管理、エネルギー不足の解消など、エネルギー事業者にとって重要な機能を提供します。また、正確な電力消費量をリアルタイムで把握するために、IoTを活用したグリッドインフラの導入を試みる発電事業者の投資が増加していることも、業界の統計を支えています。これらのユニットは消費者と電力会社間の双方向コミュニケーションを可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]