北米の建築用フラットガラス市場、ソーラーパネルの普及に伴い、2028年までに大幅成長予測

北米の建築用フラットガラス市場は、ソーラーパネルの普及に伴い、2028年までに大幅な成長を遂げると予測されています。また、スマートホーム技術の受け入れが拡大していることも、今後の市場成長に拍車をかけると思われます。

市場の主要関係者は、新製品の発売、生産能力の強化、戦略的パートナーシップや合併の形成に従事し、ビジネス上の地位を高めてきました。例えば、2021年6月、ガラス関連製品の大手メーカーであるAGC.は、北米の建築用ガラス事業をガラスメーカーのCardinal Glass Industriesに譲渡することを発表しました。この譲渡は、対象地域での事業範囲を拡大することで、両社に利益をもたらすものでした。

北米の建築用板ガラス市場は、最終用途、製品、用途、地域によって分類されています。

製品別に、市場は、複層ガラス、強化ガラス、合わせガラス、ベーシックフロートに分類されます。ベーシックフロートセグメントは、2022-2028年の間、CAGR6.5%以上で成長すると予想されます。

用途別に、市場は、内装、新築、改修に分類されます。同市場は、改修分野での売上が2028年までに約50億米ドルを超えると予測されています。

最終用途別に、市場は、非住宅用、住宅用、施設用、工業用に分類されています。非住宅分野は、さらにホスピタリティ、オフィス、リテールスペースに分類されます。

オフィスセグメントは、2022-2028年の間、CAGR7.5%で成長すると予測されます。また、ホスピタリティセグメントは、2028年までに11億5,000万米ドルを超える評価額に到達すると予測されています。

さらに、施設セグメントは、娯楽施設、医療施設、輸送施設、教育施設、その他に分類されています。輸送施設セグメントは、2028年までに4億5,000万米ドルを超える評価額を保持すると思われます。

一方、娯楽施設セグメントは、2022-2028年の間、CAGR7.5%で成長することが予測されています。一方、その他分野はCAGR7.0%で推移すると予測されています。

工業用セグメントは、倉庫、フレックススペース、製造施設にさらに細分化されます。フレックススペースビルディングセグメントは、2028年までに約1億5,000万米ドルの評価額を達成すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]