乳製品の代替品:飲料部門からの高い需要によりココナッツミルク市場が拡大

乳製品代替品の世界市場シェアは、人口の間で乳糖不耐症のケースが増加していることと、世界中でビーガン主義が急増していることから、2028年まで大きな評価額に達すると予想されています。国立糖尿病・消化器・腎臓病研究所によると、世界人口の約68%が乳糖不耐症に苦しんでおり、米国だけでもその割合は36%に上ると専門家は予想しています。

この統計は、乳製品に代わる栄養面でのソリューションが強く求められていることを示しています。乳製品代替品市場は、製品タイプ、用途、製剤、販売チャネル、地域概況に分類されます。

製品タイプ別に、市場は、アーモンド、大豆、ココナッツ、オート麦、米、麻に分類されます。このうち、ココナッツミルク部門は2022年から2028年にかけて高い利益を生むと予測されています。これは、その優れた栄養価や健康上の利点を条件として、飲料分野からの製品の需要が高まっていることが理由になります。

ライスミルク部門は、抗酸化作用とグルテンフリーの特性と、牛乳の理想的な代替品となることから、2028年までの間、驚異的な伸びが予測されます。一方、ヘンプミルク部門も分析期間中、市場に力強い成長をもたらすと思われます。これは、ヘンプミルクに含まれるビタミンやカリウムが身体の機能を正常に保つことから、消費量が増加していると考えられます。

用途別に、市場は、食品用途と飲料用途に二分されます。このうち、チーズ、デザート、スナックに分類される食品用途は、市場全体において大幅な成長を遂げると思われます。チーズの市場成長は、高タンパク質やカルシウム含有量などの本質的な利点と連携した製品の消費急増からもたらされています。

また、デザートの市場シェアは、乳製品を使用しない製品によって生産された、ビーガンやアイスクリームの人気上昇によって牽引されています。スナック菓子の分野では、植物由来の製品や冷凍製品の採用が進んでおり、市場はさらに活性化すると予想されます。

販売チャネル別に、市場は、店舗、オンラインストア、専門店、フードサービスに分類されます。このうちフードサービス部門は、都市部だけでなく農村部でもベーカリーやレストランなどのチャネルが増加しており、今後の高い収益が期待できます。

地域別に、市場は、北米、欧州、アジア太平洋地域、中南米、中東・アフリカに分類されます。中南米市場は、低カロリー、ラクトースフリー製品へのパラダイムシフトの影響を受けて成長することが予測されます。

一方、中東・アフリカ市場は、乳製品を使用しない製品に対する需要の高まりと、同地域におけるビーガン消費者の急増による成長が見込まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]