クラウドミーティング・チームコラボレーションサービスの市場規模、2020年に114億3,000万米ドル到達

クラウドミーティングサービス

このサービスは、クラウド型ビデオ会議とコンテンツ共有を組み合わせて、非公式または公式の会議を行うものです。ビデオ・ブリッジング・インフラ(ブリッジ/多地点制御ユニット/ゲートウェイなど)と関連ソフトウェアは、サービスプロバイダーのクラウド環境に存在し、サービスプロバイダーが所有・運営します。一般的なクラウドミーティングには、プレゼンテーション、アプリケーション、画面、ファイルの共有、ユーザーやルーム間のポイントツーポイントおよびマルチポイントのビデオミーティング、パブリックおよびプライベートチャット、モバイル、ブラウザ、デスクトップからの参加、ホワイトボーディングと注釈、投票とアンケート、録画とアーカイブ、統合されたオーディオオプション、放送などの機能があります。新機能としては、高解像度(HD)ビデオ、音声、コンテンツ、アダプティブオーディオ、パーソナルビデオ画像の改善(背景や前景の操作)、ビデオの自動フレーム化、人物検出/人数カウント、バーチャルアシスタント、リアルタイム/非リアルタイムのキャプションとトランスクリプション、ミーティング分析、ダイナミックディスプレイコントロール(ギャラリー/アクティブスピーカービュー、共有コンテンツビューなど)、ライブリアクション、セキュリティと可用性の強化などが挙げられます。

チームコラボレーションサービス

チームコラボレーションサービスは、ワークフローに特化したソフトウェア・コミュニケーションおよびコラボレーション・アプリケーションで、チームメンバー間の持続的な情報交換をサポートします。チームコラボレーションサービスは、従来のポイント・プロダクトであるソフトウェア・コミュニケーションやコラボレーションのグラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)と比較して優れたユーザーエクスペリエンスを提供し、状況に応じた情報共有のための永続的なチームスペースを提供し、リアルタイムと非リアルタイムのコミュニケーションを統合し、クラウドから提供されるアジャイルな機能更新を継続的に行い、ゲーミフィケーションの要素を取り入れ、いつでもどこからでも機能や情報にアクセスできるなど、いくつかの主要な利点を提供します。

今日、永続的なチームコラボレーションサービスは、ビジネス空間におけるコミュニケーションとコラボレーションのための最も一般的なインターフェースの一つに変化しています。

2020年、クラウドミーティングおよびチームコラボレーションサービス市場は、売上高が少なくとも2倍の114億3,000万米ドルに達し、有料インストールライセンス数は2.7倍の2億150万件に増加すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]