コンパニオン診断(CDx)、臨床次世代シーケンシング (NGS) 市場成長に貢献

2020年は、COVID-19パンデミック、マスク、社会的距離を置くプロトコル、代替医療機関、Moderna、Pfizer、BioNTech、AstraZeneca、RT-PCR、および血清検査で記憶されるでしょう。しかし、世界的なパンデミックへの対応の中で、未だ克服されていないもう一つの大きな医学のフロンティアである「がん」においても、目覚ましい進歩が見られました。これらの進歩は、個別化医療を実現する精密診断の幕開けとなりました。その鍵となったのは、次世代(NGS)ワークフローソリューションの画期的な進歩であり、突然変異検査、早期発見、リキッドバイオプシー、汎癌体外診断(IVD)アッセイ、コンパニオン診断(CDx)検査、ブロックチェーンベースの消費者直販(DTC)サービスの新時代を定義しました。リキッドバイオプシーのNGS検査の役割は、来るべき残留物の少ない疾患モニタリングの時代に重要性を増すでしょう。

2020年には統合の動きが活発化し、イルミナとグレイル(発表)、インビテーとアーチャーデックス、エグザクト・サイエンスとスライブ・アーリー・ディテクションの3件の高額買収が行われました。血液を用いた早期がん検診法の登場や、NGSバイオインフォマティクスの進歩により、この市場は大きな可能性を秘めています。今後、特に早期発見や人工知能(AI)を活用したポイントオブケア(PoC)での診断において、さらなる統合が予想されます。

北米(米国)が最大の市場です。強力なインフラ、有利な保障政策、NGSベースのCDxの早期承認が市場成長のドライバーとして機能しています。アジア太平洋地域は成長の初期段階にありますが、官民パートナーシップの増加、バイオファーマ開発者によるCDx検査への注目の高まり、社内でのマルチ遺伝子パネル開発の必要性などにより、ガイドラインで推奨されるゲノム検査の普及に向けた動きが出てきています。

市場をリードするイルミナ(グレイルの買収を予定)は、その価値提案を「リサーチツールの企業」から「臨床診断のサプライヤー」に変えることで、成長エンジンを再起動させるでしょう。ワークフローソリューション分野が爆発的な成長を続ける中、ゲノムデータ市場は、市場参加者が開拓できる重要な成長機会となるでしょう。

マクロ経済モデルでは、基礎的なゲノム科学や個別化されたゲノム医療のために利用可能なデータ量を改善・増加させ、協力的な市場を通じて患者にデータへのアクセスコントロールを強化することで、データ共有イニシアチブを収益化することを目指しています。これにより、臨床への取り込みが改善され、イノベーションが促進され、エコシステムへの信頼が構築されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]