MRI技術使用、予測期間中幅広い臨床用途に拡大の見込み

MRIは標準的な主力製品として学際的な病院で広く普及しています。

MRのトレンドは、インターベンショナルアプリケーション(画像誘導や処置のモニタリング)、腫瘍の検出、切除の誘導などに移行しています。

現代の医療診断におけるMRIの重要性が高まっていることから、MRI技術の使用は世界的に幅広い臨床用途に拡大していくと予想されています。高性能グラジェント、パラレルイメージング技術、高磁場、新しい臨床アプリケーションなど、MRIシステムの改良により、画像取得の質とスピードが大幅に向上しました。

さらに、さまざまな解剖学的部位に対する高度なイメージングアプリケーションが受け入れられるようになっています。腹部画像、心臓画像、がん診断などの分野で、革新的な使用方法が模索されています。

MRIは神経疾患や脊椎疾患に広く使用されていますが、CT(コンピュータ断層撮影)と比較して放射線の影響を受けやすい心臓、腹部、乳房の画像診断での使用は、予測期間中に何倍にも増加すると予想されています。神経学分野では、3Tおよび7T MRIの導入により、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患の患者に大きな効果があることがわかっています。

ポータブルMRIやポイントオブケアMRIの導入は、MRIの分野を大きく変える可能性があります。手頃な価格で入手できるポイントオブケアは、現在不足している発展途上国での普及を促進します。

実用性の向上と新しいビジネスモデル(グループ購買組織GPOによる調達やMES(Managed Equipment Service)モデル)が世界のMRI市場を牽引すると期待されています。

現在、APAC、LATAM、南アフリカにおけるMRIの普及率は先進国に比べて低いです。新しいビジネスモデルや民間医療サービスがMRIに投資することで、施術数の増加が見込めます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]