欧州の風力エネルギー業界向け個人用保護具(PPE)市場、2025年に2億2,900万米ドル到達見込み

風力エネルギー業界向け個人用保護具(PPE)は、2020年には4億920万米ドルとなりました。この業界の成長は、風力発電所の設置・保守サービスの増加とそれに伴う雇用機会の増加、風力エネルギー業界向けPPEに関する意識の高まり、リスクの高い作業環境、厳格な規制遵守などが要因となっています。高いコンプライアンス率と厳格な規制基準に後押しされ、欧州は風力エネルギー業界向けPPEの最大市場であり、2020年には約44.4%の収益シェアを占めています。総売上高は、2020年の1億8,190万米ドルから2025年には2億2,900万米ドルに達すると予想され、年平均成長率は4.7%となる見込みです。オフショアとオンショアの両方のファームの増加と雇用機会の増加が見込まれることから、アジア太平洋地域が最も高い成長率でCAGR 4.9%で成長すると予想されています。アジア太平洋地域は、2020年の1億2,360万米ドルから2025年には1億5,720万米ドルに成長すると予想されています。

落下防止用PPEは、最大の製品セグメントであり、また急成長している製品セグメントでもあります。風力発電向け落下防止用PPEは、2020年から2025年にかけてCAGR 5.1%で成長すると予想されています。主要なPPEメーカーは、パートナーシップの締結やM&Aによる市場シェアの獲得を行い、現在は地域別のプレーヤーが独占している利益率の高いアジア太平洋地域の風力エネルギー業界向けPPE市場に参入して、その地位を強固なものにすることが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]