建設資材市場、軽量化が今後のメガトレンドに

建設資材の消費は、世界各地の建設活動からの需要に依存しています。COVID-19の流行を抑えるために世界各国の政府が導入したロックダウンの影響で、建設活動は短期的に減速しています。この減速は、建設資材市場にも影響を与えることが予想されます。

一方で、政府や規制当局、最終顧客は、建設廃棄物の蓄積やリサイクル性への警戒感を強めており、環境に配慮した循環型のソリューションが必要とされています。これらの要因により、建設デベロッパーだけでなく、建設資材サプライヤーも、リサイクル可能で持続可能、かつエネルギー効率の高い代替品の開発に注力するようになっています。また、メーカーは、品質、耐久性、材料の製造コスト全体を損なうことなく製品を開発することに注力しています。また、開発者は、コルクや竹などのバイオベースの素材に注目し、建設物の構造材や断熱材として使用するケースが増えています。

さらに、軽量化は建設業界での設置効率を高める重要なメガトレンドです。この傾向は、建設現場への設置や輸送が容易な新しい素材の開発と採用を促進すると考えられます。その結果、建設業界では今後、プラスチックや木質プラスチック複合材(WPC)、木材などの素材の使用が増加すると予想されます。

さらに、開発者は、質の高い労働力の不足に起因する生産性の問題を軽減するために、建設業界に自動化を取り入れる機会を求めています。これにより、建設業界では今後、機械やロボットの使用、モジュラー式やオフサイト式の建設が増加すると予想されます。

さらに、在宅勤務(WFH)の勢いは、建設用化学製品、接着剤、シーリング材のDIY用途の成長を促進すると予想されます。さらに、WFHは短期的には商業建設の成長にも影響を与えています。そのため、大規模な商業プロジェクトが住宅用に再利用されることが予想されます。

最後に、特定の地域の建築家は、多目的用途のために家の複数の部屋を1つの大きな部屋に統合することに重点を置いており、建物内部の梁や柱、間仕切り壁の使用を減らしてオープンスペースを実現する道を開いています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]