ロンドンのスマートシティ実現への取り組みと克服すべき課題

急速な都市化、自家用車の高密度化、老朽化したインフラ、交通関連の排出物などにより、都市のモビリティーエコシステムはますます疲弊しています。世界の都市は、このような変化に対応するため、より持続可能でシームレス、かつ統合された交通システムの開発に取り組んでいます。さらに、都市はスマートモビリティシステムをサポートするために必要な規制やインフラのフレームワークの構築に注力しています。その他のスマートシティの重点分野は、将来の雇用機会を促進し、公平なコミュニティを構築し、効率的なデジタル・コネクテッド・サービスを通じて高い生活水準を提供するというテーマを中心に展開しています。スマートシティへの取り組みは、新しいモビリティソリューション、自律走行への対応、デジタル化、持続可能性、物流パフォーマンス、政策・規制フレームワーク、交通のランドスケープとビジョンなど、いくつかのチャンネルで評価することができます。

ロンドンは現在、いくつかの課題に直面しており、世界的に認められている主要な経済拠点の一つとして、その中心部はリスクに直面しており、政策立案者は優先的に克服しようとしています。

この都市の課題は、住民の人口増加から観光客の人口拡大まで、分散しています。

ロンドンの国土面積は英国の0.5%にも満たないが、経済生産高は英国の10%以上を占めています。これは、この都市の複雑な運営基盤によって補完されています。したがって、リスクとリターンを総合的に捉えた健全な戦略を策定するには、重要な分析が必要です。特定の課題を改善または対処する一方で、別の分野に悪影響を及ぼす可能性があります。さらに、BrexitやCOVID-19の影響もロンドンにとっては障害となっており、経済的な課題に加えて、人々の行動の変化を引き起こしています。

市とその当局は、市長のビジョンに沿って長期的な持続可能性の目標に焦点を当てながら、時間的に必要な課題に積極的に取り組んでいます。また、コネクテッドモビリティ、シェアモビリティ、自律型モビリティ、エレクトリックモビリティなどの出現によるダイナミックなモビリティサービスの変化にも対応しています。また、デジタルインフラへの投資を積極的に行うとともに、他の主要都市、業界コンソーシアム、金融投資家とのコラボレーションの環境を整えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]