東南アジアのビレット市場、二次生産によるバリューチェーンの統合が新たなトレンドに

東南アジアのビレット・押出成形業界のCEOは、組織の二酸化炭素排出量を削減する方法に投資することで、持続可能性を優先しなければならないと考えています。同業界においては、二次生産によるバリューチェーンの統合が新たなトレンドであると認識されています。ビレット業界の企業は、持続可能なビジネスモデルに向けて、後方統合や前方統合を行い、業務を合理化したいと考えています。スクラップをビレットの主な原料として使用することは、より高いリサイクル率の基準になると思われます。

COVID-19パンデミックの影響で、2020年前半はLME指標価格が3年ぶりの安値となる1,400ドル/MTまで低迷し、業界にマイナスの影響を与えましたが、東南アジアの新興市場の長期的な見通しは明るく、短期的には、市場は回復モードを維持するでしょう。

東南アジアでは、建築用押出材の需要が増加していることから、建設業の成長が最も期待されています。インドネシア、ベトナム、インド、タイ、フィリピン、マレーシアでは、多くの建設プロジェクトが進行中であり、ビレット市場の成長に拍車をかけるでしょう。建築分野が引き続き最大の顧客であると予想されますが、自動車の軽量化の流れを受けて、自動車分野ではビレットの需要が高まると考えています。また、防衛産業向けにニッチで価値の高いビレットグレードを開発している企業もあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]