掘削・坑井サービス(DWS)市場、2025年に2,130億ドル到達見込み

掘削・坑井サービス(DWS)市場の支出額は前年比で増加し、2025年には2,130億ドルに達すると予測されています。これは、COVID-19の大流行や原油価格の下落などの影響を受け、DWS関連の支出が34%も減少した2020年に比べて、2021年には市場のセンチメントが改善していることを示しています。

OPEC+が世界の油田支出にポジティブなシグナルを送る

OPEC+が石油市場のバランスをとるために生産量の抑制を継続することを表明したこと、世界的なワクチンの展開が順調に進んでいること、これらが相まって、2020年に比べて2021年には価格が上昇し、それに伴って掘削活動も活発になると考えられます。一次産品の価格環境は依然として非常に敏感であり、ウェストウッドは、業界が記録的な価格ショックから徐々に回復していく中で、活動レベルは緩やかに成長し、抑制された状態が続くと予想されます。

図1:2016-2025年の世界の地域別掘削・坑井サービス支出額

主要な結論

2021年の支出予想は1,560億ドルで、2020年に比べて若干の増加となりますが、これはコモディティ価格と需要予測の改善によるものです。しかしながら、オペレーターは依然として慎重な姿勢を崩しておりません。

2021年から2025年にかけての総支出額は9,500億ドルになると予測されます。2021年から2025年にかけての総支出額は9,500億ドルで、2025年の支出額は2021年比で36%増加すると予想されます。しかし、予測期間中、支出額は2018年および2019年の水準を下回ることが予想されます。

世界の支出を牽引するのは、米国、中国、ロシアの3カ国における陸上活動です。米国は、2021年から2025年の間に3,230億ドルの支出を見込んでおり、中国の1,500億ドル、ロシアの1,180億ドルと比較して、全体の62%を占めています。

中南米では、ブラジルの継続的なオフショア活動とガイアナの石油・ガス部門の台頭により、大幅な成長が見込まれています。

リグ&クルーサービスは、2021年から2025年の間に2,800億ドルと予想され、総支出額の29%を占め、支出額のトップとなる見込みです。これに続くのが刺激サービスで、米国の活動に牽引されて総支出の21%を占めると予想されます。

2021年から2025年にかけて、世界全体で9,500億ドルの支出が見込まれていますが、これは米国、中国、ロシアの3カ国における陸上での活動が中心となります。2021年から2025年にかけての総支出額は、米国、中国、ロシアの3カ国で合計すると62%を占め、米国が3,230億ドルでトップ、中国が1,500億ドル、ロシアが1,180億ドルとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]