がんモノクローナル抗体市場、2022年~2029年のCAGRは11.86%で推移予測

がんモノクローナル抗体市場は、予測期間(2022-2029年)において年平均成長率11.86%で推移すると予測されています。

がんモノクローナル抗体は、がん細胞の表面にあるタンパク質に結合し、免疫反応を引き起こすため、がん細胞への特異性が高いとされています。そのため、モノクローナル抗体はその特異性からカスタマイズ性が高く、がん治療において正常な細胞を温存しながらがん細胞を排除するという重要な役割を果たすことができます。したがって、モノクローナル抗体技術は他のがん治療法よりも効果的であることが証明されています。

癌の有病率の増加と癌モノクローナル抗体分野における広範な研究開発が市場成長の原動力

世界的な癌の有病率の増加が、がんモノクローナル抗体市場を牽引する主要因となっています。世界保健機関によると、がんは世界第2位の死因であり、2018年の推定死亡者数は960万人、すなわち死亡者数の6人に1人を占めています。

男性では肺がん、前立腺がん、大腸がん、肝臓がんが、女性では乳がん、大腸がん、肺がん、子宮頸がん、甲状腺がんが最も多くなっています。このデータの増加は、がんに関する国の政策の基礎となり、がん治療を選択する人の割合の増加につながると期待されています。

医療分野では、がんは最大の関心事の一つです。そのため、がん治療におけるモノクローナル抗体の使用増加が、この市場を牽引しています。がん免疫療法の大部分は、モノクローナル抗体を用いたものです。モノクローナル抗体は、患者への毒性が低く、効率的な治療法を提供できる可能性が高いからです。モノクローナル抗体は、自己免疫疾患、炎症性疾患、特に癌に関連する幅広い疾患の治療に使用されています。

英国などの欧州諸国におけるゲノム研究開発への投資の増加も、予測期間中の市場成長を後押ししています。例えば、2021年10月23日、英国政府によってゲノミクスの研究開発における50億ポンドパッケージが認可されました。このパッケージの一環として、ジェノミクス・イングランドは、10万人の新生児を対象としたゲノム解読による希少疾患の検出を目的とした国家試験「Generation Genome」などの新しいイニシアティブを支援するための資金提供を受ける予定です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]