プロピレンオキシド市場、ポリウレタン・プラスチックの需要増が牽引

酸化プロピレンは、化学式CH3CHCH2Oで表される無色揮発性の液体有機化合物です。プロピレンオキサイドは、プロパンを原料とする不飽和有機化合物であるプロピレンから得られます。酸化プロピレンは、主にクロロヒドリン法とプロピレン酸化法の2つの方法で工業的に生産されています。酸化プロピレンの主な用途は、ポリウレタン樹脂の製造に用いられるポリエーテルポリオールへの変換です。

市場力学

酸化プロピレンの需要は、主に最終用途、特にポリウレタン・プラスチックの需要増に牽引されています。市場の最も重要な要因となっています。酸化プロピレンの毒性は、この市場の成長を制限する重要な要因となっています。

最終用途からの需要の増加

酸化プロピレンの最大の用途は、ポリウレタン・プラスチックの製造に使用されるポリエーテルポリオールへの変換です。酸化プロピレンは、ナッツやココアパウダーのカビや酵母、細菌を減らすための燻蒸剤に使用されています。また、医療機器の滅菌剤としても使用されるニッチな存在です。酸化プロピレンのもう一つのニッチな用途は、微量な濃度によって食品のでんぷんを改質することです。

酸化プロピレンのもう一つの主要な用途は、プロピレングリコールの生産です。プロピレングリコールは、ポリエステル樹脂、保湿剤、溶剤、可塑剤の製造に使用されます。酸化プロピレンは、グリコール、グリセリン、アルコール、フェノールと反応させ、潤滑油、熱伝導流体、油圧流体などの機能性流体を生産します。最終用途への需要の高まりが、酸化プロピレン市場の成長を後押ししています。

酸化プロピレンの毒性

 酸化プロピレンは、人体に有害です。酸化プロピレンへの急性暴露は、人間の目、鼻、呼吸器官を刺激します。酸化プロピレンに慢性的にさらされると、鼻腔、気管、肺に炎症性病変が生じます。酸化プロピレンに皮膚接触すると、たとえ希薄な量であっても、ヒトに皮膚刺激および壊死を引き起こします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]