フュームドシリカ市場、健康被害が成長抑制要因

フュームドシリカは、二酸化ケイ素が非晶質で融合し、分岐・鎖状の立体的な二次粒子となり凝集して三次粒子となったものです。四塩化ケイ素を1,500℃で気化させ、熱分解してできる炎の中で生成されるため、ヒュームドシリカと呼ばれています。

フュームドシリカは3次元構造をしているため、粘性を高め、チクソトロピー性を持たせることができます。そのため増粘剤、固化防止剤として多くの用途があります。フュームドシリカは、塗料、コーティング剤、顔料など、様々な医薬・工業用途に使用され、建設業界でシーラントや添加物として使用されています。

市場力学

フュームドシリカの需要は、主にエンドユーザーからの需要増に牽引されています。市場の最も重要なドライバーです。ヒュームドシリカの健康被害は、この市場の成長を制限する重要な要因となっています。

エンドユーザーからの需要の増加

フュームドシリカは、幅広い産業工学的用途に使用されています。製薬業界では、錠剤やカプセルの固化防止剤、医薬品オイルの増粘剤として使用されています。また、固形製剤の滑剤としても使用されています。また、建築・建設業界ではシーラントや添加剤として使用されています。

フュームドシリカの特性は、塗料やコーティング剤に様々な利点を与えます。大きな粘性と弾力性があり、表面の被覆性を向上させます。シーラントに添加すると、フュームドシリカはチクソトロピックな挙動を示し、実用化に成功したサグ特異的な特性を付与することができます。また、シーリング材に補強性と機械的性質を与えます。これらの特性は他の添加剤では達成できないため、シーラント市場ではフュームドシリカが優位性を持ち、ほぼ独占状態となっています。

フュームドシリカの普及による健康被害

世界各国の政府は、フュームドシリカの使用に関して多くの規則や規制を導入しています。米国の食品医薬品局(FDA)は、ヒュームドシリカの製造に制限を設けています。フュームドシリカは、様々な産業の労働者やフュームドシリカが使用されている製品を使用する人々に健康被害を与える可能性があります。極端な接触による目の炎症、急性暴露による目の損傷などの健康障害を引き起こす可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]