炭酸ジメチル市場、ポリカーボネート・プラスチックの需要増が牽引

炭酸ジメチルの需要は、主に最終用途、特にポリカーボネート・プラスチックの需要増に牽引されています。炭酸ジメチルの有毒な製造工程は、市場の成長を制限する要因となっています。

最終用途からの需要の増加

炭酸ジメチルの最大の用途は、ポリカーボネートの製造に使用されることです。ポリカーボネートは、透明性、熱安定性、耐熱性、耐薬品性、機械的強度などの特性を持ち、エンジニアリング用熱可塑性材料として最も広く使用されています。自動車、エレクトロニクス、建築・建設、消費財、医療など産業で最終用途を見出すことができます。

ポリカーボネートの用途としては、工業用安全ガラス、ヘルメット・バイザー、自動車用ヘッドライト・カバー、電子スクリーン・ガード、温室用UVカットなどがあります。炭酸ジメチルのもうひとつの主要な用途は、リチウムイオン電池の電解質です。リチウムイオン電池は、電気自動車やスマートフォン、ノートパソコン、タブレット端末などの電子機器の電源として使用されています。最終用途産業からの需要が増え続けていることが、炭酸ジメチル市場を牽引しています。

炭酸ジメチル製造の有害性

炭酸ジメチルは、幅広い用途に使用される工業用化学品です。主に、光学的透明性と耐衝撃性で知られるプラスチックの一種であるポリカーボネートを形成するために生産されています。ポリカーボネートは、工業用安全ゴーグル、アイレンズ、電気絶縁材、航空機の窓、自動車各部品、ミサイル部品などの用途に使用されています。このような用途の多さと多様性が、炭酸ジメチルの大きな需要につながっています。炭酸ジメチルは環境に優しい溶剤ですが、製造過程ではホスゲンや一酸化炭素などの有毒ガスが使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]