圧縮天然ガス市場、クリーン燃料への需要が市場を牽引

圧縮天然ガス(CNG)は、メタンを主とし、少量のエタン、プロパン、ブタンなどを標準大気圧で元の体積の1%以内に圧縮した炭化水素混合ガスです。一般的には、球形または円筒形の容器に3,000psiの圧力で貯蔵されています。

CNGは、主にガソリンやディーゼルに代わる燃料ガスとして、内燃機関自動車に利用されます。既存の車両を改造してCNGで走行させることが可能で、標準的な改造キットも広く販売されています。発電や家庭での調理にも利用することができます。

市場力学

圧縮天然ガス市場は、主に二酸化炭素排出量削減のためのクリーン燃料に対する需要の高まりによって牽引されています。圧縮天然ガスの輸送と貯蔵が困難であることは、市場の成長にとって重要な課題の1つです。

クリーン燃料の需要増加

ガソリンやディーゼルといった従来の自動車用燃料は、窒素酸化物や粒子状物質、未燃炭化水素といった汚染物質を排出します。炭素排出量の増加とともに、大規模な大気汚染を引き起こします。発電に使用する石炭もスモッグの原因となります。持続的な大気汚染は、呼吸困難、肺気腫などの心臓や肺の病気の原因となります。

天然ガスは比較的クリーンな燃料です。天然ガスをエネルギーとして燃焼させると、同等のエネルギーを得るために排出される大気汚染物質や二酸化炭素の量が、石炭や石油製品に比べ少なくなります。そのため、世界各国の政府が大気汚染や二酸化炭素の排出を軽減するために、圧縮天然ガスの大きな需要を生み出しています。電気自動車や再生可能エネルギー源は、容易に入手できないか、非常に高価なものです。クリーン燃料への需要の高まりが、圧縮天然ガス市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]