音声認識システム市場、2022年~2029年はCAGR 17.81%で成長予測

音声認識システム市場は、予測期間(2022-2029年)にCAGR 17.81%で成長すると予測されています。

音声認識システムは、音声認識とも呼ばれ、口述を受信して解釈するハードウェア装置またはソフトウェアプログラムです。AI、機械学習、消費者の受容が向上するにつれ、音声認識のアプリケーションも向上しています。音声認識は、AmazonのAlexa、AppleのSiri、MicrosoftのCortanaなどのAIやインテリジェントアシスタントの出現により、人気と用途を獲得しています。Google、Amazon、Appleの家庭内デジタルアシスタントは、音声認識ソフトウェアを使用して人と対話します。

市場力学

スマート家電への音声認識システムの浸透が進み、市場を牽引すると予想

モノのインターネット(IoT)により、技術の向上、インターネットの普及、自動化意識の高まりが起こり、スマートホームやスマート家電の需要が高まっています。スマート家電メーカーは、音声認識技術を製品に搭載することで、ユーザーが音声認識技術を搭載した1台のデバイスからすべての家電製品を操作できるようにしています。アップルのSiri、アマゾンのAlexa、マイクロソフトのCortanaは、発売から数年が経過していますが、需要が大きく急増しています。

コンサルティング会社PwCによると、25歳から49歳の消費者の65%が毎日、音声対応ガジェットと会話しているそうです。音声制御製品の需要が高まるにつれ、この技術の新しい応用例も増えています。例えば、自動車業界では、車載用音声認識システムはほとんどの新車に標準装備され、機能はますます強力になっています。

また、スマートテレビでは、ほとんどの機能を音声コマンドで操作できるようになっています。例えば、サムスンはすでにAlexaやAmazon、Googleのアシスタント、Bixbyといった音声操作システムを搭載したテレビを販売しています。さらに、アマゾンのEchoスマートディスプレイは、Alexaの機能をフルに使えるだけでなく、ウェブブラウザ、スマートホーム機器のタッチパネル操作、対応ホームセキュリティカメラのライブ配信などの機能を備えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]