構造的心臓イメージング市場、2022年~2029年のCAGRは10.89%と予測

構造的心臓イメージング市場規模は、予測期間(2022年~2029年)にCAGR10.89%で成長すると見込まれています。

構造的心臓イメージング(SHI)は、心臓弁膜症や非弁膜症を扱う心臓病学分野で、心臓をスクリーニングするために使用される分子イメージング技術です。この方法では、高解像度カメラを使って心臓内部のさまざまな画像を作成し、患者の状態を適切に診断するのに役立ちます。心臓の構造を詳細に分析し、血管の狭窄や閉塞を明らかにする代表的な画像診断技術として、心エコー図と血管造影(MRI、CTなど)があります。

市場力学

・心臓の構造的介入における著しい進歩が市場成長の原動力

構造的心臓疾患への介入は、すでに開腹手術に取って代わり、より多くの患者を低コストで治療できるようになった画期的なものです。心臓の構造的インターベンションでは、過去10年間に著しい進歩がありました。インターベンションと画像の進歩は表裏一体であり、経カテーテル大動脈弁および肺動脈弁置換術から左心房付属器閉塞術、経皮的僧帽弁修復術、最近では経カテーテル僧帽弁置換術と三尖弁へのインターベンションに至るまで、その進歩はとどまるところを知りません。

3次元心エコーが実用化されたことで、端から端まで修復する技術の効率、精度、適応性が向上しました。超音波診断装置メーカーと機器メーカーのコラボレーションは、米国心エコー図学会などの画像診断グループのおかげで、機器のイノベーションを促進する画像診断のブレークスルーを後押しし続けています。

これらの処置はすべて画像を多用するため、画像担当者は幅広い解剖学的ターゲット、最新の画像技術、および多数の処置介入の実行に精通している必要があります。イメージャーは、この情報基盤により、この分野の継続的な進歩に不可欠であることが証明されています。したがって、上記の記述から、予測期間中に市場が牽引されることが期待されています。

心臓構造イメージングに使用される機器に対する厳しい規制ガイドライン、心臓に特化した構造イメージングに関する認知度の低さ、コストの高さなどが、市場成長の妨げになると予測される要因です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]