好酸球増加症候群の市場、有病率の上昇が成長要因に

好酸球増多症候群(HES)は、血液中の好酸球数が異常に多いことが特徴です。好酸球は免疫系で重要な役割を果たす白血球です。好酸球数の増加は体内で感染症やアレルギー反応が起きていることを示します。

好酸球増多症候群は、持続的な好酸球増加と通常より高い好酸球数を特徴とするまれな血液疾患です。患者は、6ヶ月以上、血中好酸球数が1500/ml以上となります。この症状の原因は不明で好酸球数が多い状態が続くと、臓器組織の炎症ひいては臓器障害など臨床症状が現れます。

市場力学

好酸球増多症候群市場は、本疾患に対する認知度の向上、世界の主要企業による投資の増加、政府の取り組みの強化、強固な製品パイプラインにより、成長が見込まれています。自己免疫疾患、内分泌疾患、副腎疾患など、原因となる健康状態の有病率の上昇は、市場を牽引すると予想されます。

市場における自己免疫疾患の有病率の増加が市場成長の原動力

好酸球増多症候群の市場は、自己免疫疾患,内分泌疾患,副腎疾患の増加により押し上げられます。自己免疫関連疾患協会は、最大5,000万人のアメリカ人が自己免疫疾患に罹患し、年間860億米ドルのコストがかかっていると推定しています。米国保健社会福祉省によると、これらの疾患は、米国女性の身体障害原因の第4位、15歳から64歳の女性の死因の第8位を占めています。

副腎疾患は、先進国では100万人中100〜140人が罹患し、副腎機能不全はより一般的で、100万人中150〜280人が罹患します(出典:National Institutes of Health(米国国立衛生研究所))。

 内分泌疾患の世界的な負担は、人口の高齢化、肥満、貧しい生活習慣や食習慣によって増加していることを示す証拠があります。内分泌疾患は、米国では人口の約5%が罹患しています。インド人における内分泌疾患の正確な有病率は不明です。甲状腺疾患と糖尿病は、インドで最も一般的な内分泌疾患です。糖尿病は、インド人口の11.8%が罹患し、成人患者数は7,296万人です。インドの成人人口における甲状腺機能低下症の有病率は、全体で約10.9%です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]