血管イメージング市場、2022年~2029年にCAGR5.34 %で成長見込み

血管イメージングの市場規模は、予測期間(2022-2029年)においてCAGR5.34 %と予測されました。

血管画像は、血管を評価し血流の異常によって引き起こされる状態を診断するために使用されます。血管の画像を作成する方法としては、血管超音波検査、コンピュータ断層撮影(CT)、磁気共鳴イメージング(MRI)などがあります。

市場力学

血管イメージング市場に影響を与える要因は、需要の増加と技術的進歩です。血管造影の需要増が予測期間中の市場成長を牽引すると予想されます。

血管検査は、高周波の音波(超音波)を使って血管の血流量を測定するものです。小型の携帯型プローブ(振動子)を用いて皮膚を探ります。音波は皮膚やその他の体内組織を通り、血管に到達します。音波は血球に反響します。これらの反響はコンピュータに送られ、画像またはビデオとして画面に表示されます。血管撮影は、動脈硬化、動脈瘤、炎症性疾患、静脈瘤、血栓など血流に関連する様々な疾患の診断に役立てることができます。血管造影には侵襲的なものと非侵襲的なものの2種類があります。

非侵襲的血管画像診断では、医師が画像技術を使用して血管の病気や状態を診断し評価することができます。非侵襲的血管画像診断では、医師は血管の中を見ることができ、血流を評価し、血行が悪くなっているところや止まっているところをピンポイントで特定することができます。非侵襲的な処置とは、身体の外側から写真を撮る機器を使用するためです。血管超音波検査は、腕や足の血液循環を調べるために使用される非侵襲的な技術(デュプレックス検査とも呼ばれる)です。

血管撮影に関連する制限事項が市場成長の妨げになると予想

体内の深部血管は、表層血管に比べて見ることが困難です。血管を適切に可視化するためには、特殊な機器やCT、MRIなどの検査が必要となる場合があります。細い血管は、太い血管に比べて画像化および評価が困難です。動脈硬化による石灰化が超音波ビームの妨げになることがあります。この検査は専門的であり、血管超音波画像診断技師と医師のみが実施する必要があります。血管超音波検査はその利点にもかかわらず、いくつかの限界があります。血管超音波検査で小さい血管や深い血管は、評価や画像化が難しい場合があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]