ヒートシールコーティング市場、2022年~2029年までCAGR6.2%で成長予測

ヒートシールコーティング市場は、2022年から2029年までCAGR6.2%で成長すると予測されています。

ヒートシールコーティングは、ラミネートやフィルムに塗布される熱可塑性コーティングです。金属、プラスチック、紙などを基材に、圧力と熱を利用して接着し、シールを形成するように設計されています。このコーティングは、乳製品、調味料、レトルトやオーブン用の容器など蓋の用途で利用されています。インモールドラベル、医療用包装、一部の工業用にも使用されています。

ヒートシールコーティングは、水性、溶剤性、そして溶解性に応じて固形樹脂として提供されています。したがって、最終用途の無数の可能性を満たすために、いくつかの化学物質が利用可能です。

市場力学

バイオベースのヒートシールコーティングの浸透がヒートシールコーティング市場の牽引役となることが期待されています。しかし、コールドシールコーティングで利用可能な代替品が市場を抑制することが予想されます。

世界経済の成長に伴い、環境汚染は急速に増加しています。世界保健機関(WHO)の報告によると、2016年には世界人口の92%が危険なレベルの大気汚染にさらされています。さらに、国際エネルギー機関(IEA)は、2016年に大気汚染が原因で650万人が死亡したと発表しています。大気汚染の主な原因の1つは、工業生産時に有機溶媒を利用することです。

紙と包装の専門家は、バイオベースまたはセルロース系ポリマーと板紙を使用して、堆肥化可能な構造を構築しています。それにもかかわらず、本来は堆肥化できないヒートシールコーティングを使用し続けてきました。その結果、ホットカップのような包装容器のほとんどは、埋め立て地や環境中に放置されることになります。しかし、世界の堆肥化基準がより厳しくなるにつれ、企業はイノベーションを起こし、バイオベースのヒートシールコーティングと呼ばれる新しいコーティングを開発し、パッケージング企業は商業的に堆肥化可能な構造を作ることができるようになっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]