ケイ酸ナトリウム市場、2022年~2029年にCAGR 5.99%に到達見込み

ケイ酸ナトリウムの世界市場は、予測期間2022年~2029年にCAGR 5.99%に到達すると予想されています。

ケイ酸ナトリウムは、砂とソーダ灰を加熱して作られる多用途の無機化合物で水ガラスとも呼ばれています。砂とソーダ灰の比率を変えることで、さまざまな工業製品や消費者製品の用途で明確な機能を持つ製品が作られます。高級珪砂とソーダ灰を1300℃の平炉で溶融し、ケイ酸ソーダガラスを製造します。加圧された溶融ガラスは冷却され、熱水や蒸気で分解、溶解されます。

ケイ酸ナトリウムの用途は多岐にわたります。洗剤、洗浄剤成分、接着剤、セメント、バインダー、特殊コーティング剤、凝集剤補助剤、触媒基剤、脱凝集剤、化学薬品、ゼオライトなどとして利用されています。可溶性ケイ酸塩のいくつかの特徴と機能的特性は、産業および化学プロセスにおける多くの困難を効率的かつ費用対効果的に解決することができます。

市場力学

グリーンタイヤ向けの沈殿シリカの需要増が、ケイ酸ナトリウム市場を牽引すると予想されます。人体や環境に対するケイ酸ナトリウムの有害な影響が、市場を抑制する可能性があります。

グリーンタイヤ向け沈殿シリカの需要増加

グリーンタイヤは、都市化の進展と燃料使用量の増加に伴い、普及が進んでいます。グリーンタイヤは、転がり抵抗を減らすように設計されており、その結果、燃料消費量を減らすことができます。転がり抵抗の低減には、トレッドパターン、タイヤ構造、ゴムコンパウンドの複雑なつながりを完全に制御することが必要です。

人口の増加と政府による燃費規制により、環境に優しい輸送手段へのニーズが高まっています。世界中のタイヤメーカーは、燃費の良いタイヤの性能を向上させ、温室効果ガスの排出を削減するために、トレッド組成物に沈殿シリカを組み込んでいます。車両を動かすのに必要なエネルギー量や転がり抵抗の低減は、燃料消費量とそれに伴うコストを削減するための効果的なソリューションとして重要な課題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]