エコフレンドリー食品包装市場、環境への関心の高まりが成長要因

グリーンパッケージング(持続可能な包装)は、材料と製造技術を利用して、エネルギー消費と包装による環境への悪影響を低減するものです。エコフレンドリー食品包装では通常、プラスチックや発泡スチロールではなく、生分解性やリサイクル性の高い素材を使用します。

植物由来プラスチックとしてよく知られているバイオプラスチックは、植物や紙から作られたプラスチックの一種であり、リサイクルされたプラスチックやリサイクルバルク袋などはポストコンシューマーアイテムとなります。

市場力学

環境への関心の高まりは、環境に優しい食品包装市場を押し上げる主要な動機です。製品の賞味期限を維持できる経済的な環境に優しい包装材を見つけることが市場の成長を制限しています。

環境意識の高まり

消費される食品のほぼ大半は包装された状態で提供されています。食糧供給の安全性は食品包装に大きく依存しています。残念ながらほとんどのプラスチック製食品包装は再利用、リサイクル、堆肥化されることなく廃棄されています。包装は使用後に廃棄され、埋立地に埋まるか、風や水流によって環境中に運ばれるゴミとなります。

埋立地の包装材、特にプラスチック製のものは分解されず、いつまでも私たちの手元に残り地球と罪のない生物種に害を及ぼします。これらの包装材を作る過程で大気中に有毒ガスが放出され、環境に害を与えています。これらのプロセスを管理しなければ大気はますます有害になっていくでしょう。包装材の廃棄物は時に無造作に捨てられ、環境を汚染し分解されないものもあります。

包装が地球環境に与える脅威が高まり環境意識が高まる中、環境に優しい食品包装製品の需要は飛躍的に高まっています。すでに多くのメーカーがそれぞれの要素を取り込み、自然を守り利益をもたらすエコ製品を市場に投入しています。エコウェア社は、100%環境に優しい環境を損なわない独自のソリューションを開発しました。エコウェアは生分解性の食品包装や食器を製造しており消費者の安全性、健全性、品質を確保するために細心の注意を払って管理されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]