酸化ストレスアッセイの市場、2022年~2029年にCAGR11.60%に到達見込み

酸化ストレスアッセイの市場は、予測期間(2022-2029年)にCAGR11.60%に達すると推定されます。

細胞や生体内の過剰な酸素由来のフリーラジカルは、細胞や生体が本来持っている抗酸化防御機能を圧倒し、酸化ストレスが生じます。タンパク質、脂質、核酸が酸化され、がん、喘息、虚血、糖尿病、心血管疾患、神経疾患などの原因となります。酸化ストレスは、医療従事者が病態のプロセスや反応をより良く理解するために役立つ様々なアッセイを使用して評価されます。

市場力学

細胞や組織における代謝性メチオニンの酸化還元状態をリアルタイムで測定する新しい蛍光バイオセンサーの開発が、市場成長の原動力になると予想されます。

Trx1-cpYFP-fRMsr (TYfR) は、fMetRO (free Methionine-R-sulfoxide) に対して優れた特異性と感度を持つ遺伝子コード化蛍光バイオセンサーで、in vitro および in vivo における活性酸素とメチオニンの酸化還元状態の新しい指標となる生理レベルの fMetRO の動的評価を可能にするものです。TYfRは、細胞から全身レベルまで、fMetROのリアルタイムかつ定常的な測定を可能にします。TYfRセンサーの徹底した生化学的評価により、卓越した特異性と感度が実証され、細胞から全身レベルまでの生理的なfMetRO濃度を定常状態とリアルタイムの両方で検出することが可能になりました。

注目すべきは、活性酸素に関連する最も深刻な疾患の一つである急性冠症候群(ACS)患者の血清中のfMetRO濃度が、TYfRを用いた経皮的冠動脈インターベンション後に顕著に上昇することを見出したことです。(PCI)後に顕著になります。これらの結果から、当社の革新的なプラットフォームは、活性酸素に関連するヒトの病気における組織損傷の蓄積を示す活性酸素とメチオニンの酸化還元状態を動的にモニタリングする診断ツールとして使用できる可能性があると考えています。したがって、予測期間中に市場を牽引することが期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]