不妊治療モニター市場、少子化対策のための技術進歩が成長を促進

市場力学

・少子化対策のための技術の進歩が市場成長を促進すると予想

センサーを搭載したIoT(Internet of Things)デバイスの開発がされています。一方で、これらは主に月経(自己)追跡アプリケーションと接続され、月経追跡アプリケーションが妊活や避妊に焦点を当て、月経周期の理解を広げ、月経リテラシーを高めるようになっています。

月経に対するこのようなアプローチは、知識の形態や自分の身体のタイプを規定するのとは対照的です。これらの技術は、自己認識を促し、身体のニーズを肯定し、支援する方法です。

一般に、これらのテクノロジーは妊娠をサポートしようとするものです。個人が月経や排卵の身体的徴候を記録することで、個人の月経周期についてのより詳細な知識と、周期における最も妊娠しやすい日や妊娠しやすい時期を予測することが期待されています。

・不妊治療モニターに関連する欠点は、市場の成長を妨げると予想

排卵予測キット(OPK)またはハイテクデバイスは高価である可能性があり、毎日の監視(基礎体温(BBT)を介して、またはOPKの卵胞期中に)不妊ストレスにつながります。不正確な結果は市場の成長を妨げると予想される要因のひとつです。

COVID-19影響度分析

COVID-19の大流行は、医療システムと市場に中程度の影響を与えています。世界的に、新型のSARS-CoV-2ウイルスによる感染は継続的に増加しており、死亡者数も増加しています。ACE2受容体は女性および男性の生殖器系に存在し、多臓器不全の報告により、この受容体が生殖機能に及ぼす影響について疑問視されています。SARS-CoV-2感染は、卵巣におけるACE2により、卵巣機能、ひいては卵の質に影響を及ぼす可能性があるとされています。子宮内膜におけるACE2の発現は年齢とともに増加し、分泌期を通じて増加することから、これらの時期に感染感受性が増加することが懸念されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]