細胞・遺伝子治療製造サービス市場、運営コストが成長の妨げになる見込み

細胞・遺伝子治療とは、病気の進行を止めたり、元に戻したりすることを目的とした治療法です。これらは、疾患の根本的な原因を緩和することで特定の疾患を治癒させることができる1回限りの治療法であることが多いです。細胞・遺伝子治療は、ニッチな製品分野です。この分野は、パイプラインと製造能力に製品を追加する製薬会社と、細胞治療の製造能力をツールボックスに追加する開発・製造受託機関(CDMO)と製造受託機関(CMO)の両方による投資が最近活発になっています。

市場力学

製薬会社やバイオテクノロジー企業における細胞・遺伝子治療製品の研究開発の増加が、市場成長の原動力になると予想されます。

ElevateBioは、同じく革新的なサービスを提供するThe Discovery Labsと類似しています。ニュージャージー州ですでに活動している大学ベースのサービス機関であるBioCentriqは、フィラデルフィア地域のベンチャー企業をよりよく比較することができるでしょう。この3社や他の企業は、活況を呈している細胞・遺伝子治療市場をターゲットにサービスを提供しています。

この3社は、医薬品CDMOの世界に全く新しい分野を創り出す手助けをしています。また、米国食品医薬品局(FDA)から認可された細胞・遺伝子治療薬はわずか7品目です。しかし、1,200以上の治療薬が開発中であり、その半数以上は第2相臨床試験中である。年間売上高成長率は、細胞治療薬で15%以上、遺伝子治療薬で約30%と予想されています。また、細胞療法や遺伝子療法を開発する企業の数は急速に増加しており、再生医療推進連合は、2020年には2019年から10%増の1,100社になると予測しています。したがって、上記の記述から予測期間において市場が牽引されることが予想されています。

制約事項

細胞および遺伝子治療の生産は、かなりの運営コストがかかります。遺伝子治療の商品/製造コストだけでも、50万米ドルから100万米ドルにもなります。これには、研究開発費、臨床試験費、患者へのアクセスを可能にするために必要な商業インフラの確立のための価格は含まれていません。そのため、市場成長の妨げになると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]