動物用医用画像市場、2022年~2029年にCAGR 10.54%で成長見込み

動物用医用画像の市場は、予測期間(2022-2029年)にCAGR 10.54%で到達すると推定されます。

動物用医用画像診断とは、病気の診断のために動物の医療画像を作成する非侵襲的な方法です。画像診断機器、アプリケーション、動物の種類、使用環境などを徹底検証しています。

市場力学

動物用医用画像市場に影響を与えている要因は、技術の進歩と人間の伴侶としての犬や猫、商業目的での牛や豚などの動物導入の著しい増加であり、市場成長の原動力になると予想されています。

動物用医用画像処理における技術の進歩が予測期間中の市場成長を促進する見込みです。

技術の進歩は人間の生活の質の向上や、動物の命の向上に役立っています。獣医学は飛躍的に進歩し、獣医師はより正確な診断ができるようになり、最終的には動物の命を救うことができるようになりました。また、技術の進歩は、ペットとその飼い主の双方にとって、より良いケアの結果をもたらすようになりました。動物病院は、常に技術的なアップグレードを続けています。

現代の獣医学は、非常に多くの新しい技術革新を取り入れており、ペットの治療方法を変えています。人間ではMRIが普及していますが、動物はMRIの撮影は困難です。

そのため、超音波検査が有効な代替手段であることが証明されています。最新の技術では、4D画像を作成することができます。MRIのように麻酔をかける必要がないため、動物でも安心して検査ができます。高品質なペットケアへの要求が高まる中、獣医学の世界も常に変化しています。

例えば、2021年10月5日、バタフライネットワーク株式会社は、新しいButterfly iQ+ Vetを発売し、動物医療の次の大きなシフトを告げました。より鮮明な画像、新しい手続き誘導ツール、ハードウェアの改良により、第2世代のソリューションはよりパワフルで汎用性が高く、使いやすくなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]