空間ゲノミクスおよびトランスクリプトミクスの市場、がん診断の需要増で成長見込み

空間トランスクリプトミクスは、組織サンプル内のすべての遺伝子活動をマッピングして解析できる画期的な分子プロファイリング技術であり、空間ゲノミクスは、単一細胞のゲノム情報を自然組織の文脈で調べようとする分子生物学の新分野です。

市場力学

空間ゲノミクスおよびトランスクリプトミクスの市場は、がん診断ツールとしての空間ゲノム解析の新たな可能性と第4世代シーケンサーの登場により、急速に上昇するでしょう。ゲノムの空間パターンが様々な病状の治療に認識され、結果として様々な疾患の診断バイオマーカーとして空間情報の利用が進んでいます。

また、良性腫瘍と悪性腫瘍をより正確に区別するためのバイオマーカーへのこだわりが強くなり、がん診断のための空間ゲノム解析の需要が高まっています。その結果、強固ながん診断ソリューションへの需要が高まり、市場全体の成長に寄与しています。

・シーケンス技術の技術的進歩が市場成長を後押し

主要な企業は、戦略的パートナーシップや他の企業とのコラボレーションを通じて、空間トランスクリプトミクスおよびゲノミクスの足跡を拡大することに注力しています。さらに各社は顧客基盤を世界中に広げるための戦略を展開しています。Dovetail Genomicsは、2020年2月にDovetail HiChIPおよびMicro-Cキットをグローバルに提供することを発表しました。

Dovetail Micro-Cキットは、モノヌクレオソームレベルでのクロマチン接触の解像度を向上させます。一方、HiChIP技術は、Micro-C技術とChIP-seq技術を1つのワークフローに統合したもので、タンパク質によるクロマチン構築の変化をアッセイし、遺伝子発現への影響を評価することが可能です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]