豆粉市場、植物性タンパク質を含む機能性小麦粉の需要増が牽引

豆類は人間の栄養学上、重要なタンパク源であり料理や加工食品に活用されています。ビタミンやミネラル、食物繊維を多く含み、グルテンフリーでアレルギーの心配もありません。栄養価の高さから、豆類の濃縮物、でんぷん、小麦粉の需要が急増しています。

豆粉業界は、グルテンフリーやアレルゲンフリーの製品の需要の増加により成長しています。メーカーは、製品の品質を向上させるために研究開発プロジェクトに幅広く投資しています。このことは、食品用途に向けた革新的な豆粉の開発にもつながっています。

市場力学

植物性タンパク質を含む機能性小麦粉の需要の増加が豆粉市場を牽引する見込み

豆粉市場は、食物繊維、タンパク質、微量栄養素を食品に供給するという、健康上の利点が主な要因となっています。 ベーカリー製品に使用することで、アミノ酸プロファイルが向上とコスト削減も期待できます。 栄養価の高い機能性飲料やコンビニエンス・フードの需要が高まるにつれ、業界は新たなビジネスチャンスを迎えると予想されています。豆粉は、粉砕または乾燥した豆類から得られ、パン、ロールケーキ、クッキー、マフィンなど様々なベーカリー製品で精製されています。

グルテンを含まず、食品の食感や保存性を高めることができるため、機能性食品素材として使用されています。 豆粉は、米粉や小麦粉の代用として料理に使用されています。

これらの粉は製品の栄養、タンパク質、風味を向上させるため、ベーカリーやスナック菓子によく使用されています。 Northern Pulse Growers Associationによると、エンドウ豆の粉は10gあたり2.5gのタンパク質と食物繊維を含み、葉酸と亜鉛の天然供給源にもなっています。 2014年の米国農業法(農業法案と呼ばれることもある)には、豆作物への補助金に関する2つの案が含まれています。

市場のセグメンテーション

予測期間中、ひよこ豆は最も成長率の高いセグメントです。

ひよこ豆のセグメントは、予測期間中にかなりのCAGRで上昇すると予想されます。ひよこ豆は世界で3番目に重要な豆類作物であり、毎年1,167万トンが生産されています。エンドウ豆は、鉄、亜鉛、マグネシウム、リンなどのミネラルを多く含み、健康全般をサポートします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]