ヘモグロビン添加飼料市場、認知度の向上が市場を牽引

ヘモグロビン飼料は、特に豚の血小板の赤い部分を取得して形成されます。この飼料は、豚の血液を温熱サイクル、分画、シャワー乾燥したものです。豊富なタンパク質含有量と高タンパク質の食用性を持ち、脂肪の程度が低いことで知られています。主に合飼料、ペットフード、ミンク飼料、水上飼料などのタンパク質ホットスポットとして使用されています。2020年のヘモグロビン添加飼料市場において、アジア太平洋地域は最大の市場シェアを占めています。新興国における医療インフラの近代化方向への政府の取り組みや、ヘモグロビン飼料に関する認知度の向上が、アジア太平洋地域におけるヘモグロビン飼料市場の需要上昇の主な要因となっています。

市場力学

魚粉の代替としてのヘモグロビンパウダーの使用量増加

魚粉の需要は畜産業で大きく伸びており、予測期間中は不足することが予想されます。そのため、エビの飼料業界では、他のタンパク質源や原料を探すようになってきています。これは、ヘモグロビン粉末の需要が増加することが期待されています。この粉末は、低脂質と高タンパク質で構成されていることが知られており、魚粉の代替源として非常に望ましいものとなっています。さらに、ヘモグロビンパウダーは、ロイシン含有量と高いリジンとともに平均以上の消化率を有すると考えられており、エビ飼料のタンパク質要件を満たすのに役立っています。

鶏ヘモグロビンパウダーは豚ヘモグロビンパウダーと比較してヌクレオチドが豊富であると言われています。このヌクレオチドが豊富なヘモグロビンパウダーを飼料に利用することで、免疫力の向上、耐病性の強化、成長成績の向上が期待されています。近年、ヘモグロビン飼料は、高タンパク、低脂肪であることから、水産飼料市場や動物飼料産業において、その普及が進んでいます。これらの要因は、アジア太平洋地域や南米などの新興国において、ヘモグロビン飼料にチャンスを与えています。

市場の細分化

豚のセグメントが市場を支配する予想

ヘモグロビン飼料の市場は、供給元別に牛、鶏、豚、サメに分類されています。2020年のヘモグロビン飼料市場では、豚のセグメントが最大の市場シェアを占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]