データセンター用オープンフレームラック市場、スペースの最適化ニーズが牽引

データセンター用オープンフレームラックは、取り付けレールはあるが側面やドアがないオープンフレームを採用したラックの一種です。

通常、気流管理や物理的なセキュリティが不要な場合に採用されます。オープンフレームラックは、迅速なアクセスが可能で、ケーブルマネジメントに十分な空きスペースがあるため配電盤や高密度配線を行うネットワークワイヤリングクロゼットに適しています。

オープンフレームラックには、2本または4本の垂直マウントレール(ポストと呼ばれる)が見られます。2本柱ラックは、4本柱ラックよりも少ないスペースでより少ない重量を支えることができます。4本の垂直マウントレールをすべて使用してサポートするIT機器は、箱から出して4本のポストマウントをサポートする場合、2本のポストマウント用の特定のキットが必要になることがあります。

市場力学

データトラフィックの急増に伴い、データセンターのスペースを最適に利用する必要性が生じており、市場の牽引役となることが予想されます。しかし、気流をほとんど制御できないため冷却が不十分となり、市場の抑制要因になると予想されます。

・データトラフィックの急増に伴うデータセンタースペースの最適化ニーズが市場の牽引役

モバイルブロードバンドの急速な普及、ビッグデータ解析やクラウドコンピューティングの進化により、新たなデータセンターの開発が進んでいます。ある調査によると、3~5カ所の自社データセンターを運営している企業は33%にのぼります。一方、50以上のデータセンターを扱っている企業は7%です。その結果、データフローが劇的に増加したため、データセンターのスペースと効率は企業にとってプレミアムな要素になっています。すべてのハードウェアとケーブルソリューションは、モジュール式で拡張性があり、利用可能なスペースを最も効率的に使用できるものでなければなりません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]