再利用可能ウォーターボトル市場、消費者の環境への配慮の高まりから成長が期待

再利用可能ウォーターボトルは、使い捨てでないペットボトルの代替品として広く受け入れられているものの一つです。主要メーカーは、BPAフリーのウォーターボトルを製造・販売しています。BPA(ビスフェノールA)は、発がん性のある化学物質です。健康上の利点から、ステンレス鋼やガラスのウォーターボトルへの消費者の嗜好のシフトが進んでいます。ステンレス製やガラス製は大量に使用しても汚れがつきにくく、何度洗っても素材が劣化しないのが特徴です。

市場動向

使い捨てでないペットボトルによる公害問題の高まりが市場成長を牽引すると予想

プラスチックによる汚染問題の高まりや、使い捨てではないウォーターボトルが動物や環境に与える悪影響は、市場を牽引すると予想されます。世界中の消費者は、汚染のないきれいな水を飲むことへの意識の高まりから、大学、家庭、学校、職場で再利用可能な水筒を選ぶようになってきています。

また、使い捨てではないペットボトルの大規模な使用による土壌汚染や水質汚染に関する意識の高まりとともに、埋立地や海でのプラスチック廃棄物の大幅な増加は、再利用可能ウォーターボトルの利用を奨励しています。

市場細分化

素材別では、プラスチックが再利用可能ウォーターボトル市場を支配すると予想

素材の種類別では、2020年にプラスチック素材が最大の市場シェアを占め、予測期間中も支配的なセグメントとなることが予想されます。再利用可能ウォーターボトルの優れた寿命が、再利用可能なプラスチック製水筒の選択に対する買い手の関心を高めています。また、ガラス製、シリコン製、ステンレス製の再利用可能なボトルと比較して、プラスチックの費用対効果が高いことも、普及させる要因として期待されています。流通チャネル別では、スーパーマーケットやハイパーマーケットが最も大きなシェアを占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]