リップケア製品市場、パーソナルケアに対する消費者の意識の高まりが成長の原動力

リップケア製品は、唇に栄養を与えながら、寒さや乾燥、紫外線などの外的要因から唇を保護する化粧品です。蜜蝋やカルナウバロウ、樟脳、セチルアルコール、ラノリン、パラフィン、石油などが主な成分として含まれています。染料、嗜好品、香料、フェノール、サリチル酸、日焼け止めなども、一部のリップケア製品に使用されています。より多くの消費者にアピールするため、現在では香料入りバームからオーガニック成分を配合した製品まで、さまざまなリップケア製品が提供されています。

リップケア製品は、塗布や持ち運びに便利なように、ジャーやチューブ、スティック、ロールオンなど、使いやすいパッケージで提供されています。日焼け、乾燥、老化、唇の黒ずみなどに関する悩みが増えるにつれ、高品質な製品に対する消費者のニーズが高まっています。

合成成分や有害成分を含まないより安全な製品を求める消費者の声に応え、オーガニックやナチュラルなリップクリームが人気を集めています。

市場力学

パーソナルケアに対する消費者の意識の高まりが市場成長の原動力

リップケア製品は、女性を中心とした美容意識の高まりにより、世界的に需要が大きく伸びる可能性があります。リップケア製品の使用を促す説得力のある楽しい広告が次々と登場し、市場は今後さらに成長する可能性があります。オーガニック製品の人気が高まっていることも、リップケア製品の需要を押し上げると予想されます。リップケア製品の大半は、刺激が少なく、安心して使用できます。唇がひび割れ、乾燥しやすくなる寒い季節には、需要が急増する可能性があります。

ヴィーガン製品への嗜好の変化により、オーガニックのリップケア製品の需要も高まっています。例えば、アメリカの有名な化粧品ブランドであるAnastasia Beverly Hillsは、2020年に初めてヴィーガンベースの無農薬リップクリームシリーズを発売しました。

リップケア製品の主な購入者はこれまで女性でしたが、近年は男性のグルーミング傾向の高まりから男性の購入者が増えています。無防備な状態で長時間日光にさらされると、唇にしわができたり、老化が早まったり、光線性口唇炎になったりするため、日焼け防止用のリップケア製品の需要が急増しています。生産者は製品の革新、長持ちし即効性のある製剤の開発、ティーンエイジャー向けの魅力的な製品シリーズに力を入れており、これらのすべてが消費者層の拡大に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]