テキスタイル仕上げ用化学品、環境に与える影響が市場抑制要因

繊維製品を化学物質で処理し、機能的・審美的特徴を得るプロセスは、化学仕上げとして知られています。テキスタイル仕上げ用化学品は、機械的な仕上げではなく、化学薬品が使用される繊維仕上げの一種です。テキスタイル仕上げ用化学品は、処理された繊維の品質を変化させることができる化学薬品です。

利用される技術の種類と最終的な衣服に必要とされる属性が、テキスタイル仕上げ用化学品業界の需要ダイナミクス、特に布地の色の堅牢度という観点で推進します。架橋剤は、特に不織布の用途で大きく進歩しています。

市場力学

繊維と家庭用家具の需要成長は、市場の成長のための実行可能な動機として機能する傾向があります。それぞれの化学物質が環境に与える影響は市場の成長に深刻な抑制をもたらす傾向があります。

繊維産業の巨大な成長

過去数十年の間に、繊維と衣料品部門は劇的に変化し、部門のかなりの部分は米国、欧州、日本などの豊かな国から離れてシフトしています。中国、南アジア、東南アジアなどではグローバル化、可処分所得の増加、美的感覚を重視する傾向が強まり世界の繊維産業は高い需要上昇を記録しています。しかし、各市場の経済成長は需要パターンに左右され先進国では低迷しているものの、中国やインドでは大幅な成長を示しています。中国はすでに輸出の伸び率が鈍化しており、世界一の輸出国であるにもかかわらず今後シェアを落とすことが予想されます。低コストの労働力と豊富な原材料へのアクセスは、それぞれの変化を促した最も重要な要因の2つです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]