土壌処理市場、2022年~2029年にCAGR8.14%で成長見込み

土壌処理市場は、予測期間(2022年-2029年)にCAGR8.14%で成長見込みです。

土壌処理とは、工業化の進展により劣化した土壌の生物的・物理的な含有量を改善するために採用されるプロセスです。化学物質や粒子状物質などの形で産業によって引き起こされる汚染は、土壌の内容物に混ざり合っています。汚染された土壌を処理し、生存可能な農業用土壌に転換するために、土壌処理を利用することができます。

土壌の性能と肥沃度を向上させるのにも役立ちます。この処理は、土壌の保全と土壌の健全性の向上に役立っています。生物処理は、バイオレメディエーションとも呼ばれ、土壌中のガソリンやオイルなどの有機汚染物質を微生物で分解する処理方法です。バイオレメディエーションの適切さは、汚染物質、サイトの状況、目標レベルによって決定されます。

汚染物質、サイトの状況、目標レベルのすべてがバイオレメディエーションの適性に影響します。汚染土壌を浄化する微生物技術は環境に優しい特徴から有効性と信頼性が証明されており、この分野は今後数年間で成長すると予測されています。

市場力学

・小規模農家における認知度の向上

ハイブリッド植物は、一世代のみで非常に高い農業生産性を発揮します。そのため、あらゆる産業で自動化が不可欠な今日の技術先進環境では、毎年新鮮なハイブリッド種子を生産し使用しなければなりません。しかし、種子のような自然なアプローチであれば、その植物の効率性をそのまま受け継ぐことができる可能性があります。

多くの研究者が、種子生産者や発展途上国の小規模農家にとって新しい可能性を得るために研究を行い、その結果土壌改良が理想的な方法であるとの結論に達しました。現在の農業では、食料、飼料、燃料、繊維を十分に生産するために、雑種植物が重要な役割を果たしています。この問題を解決するためには、簡単な土壌浄化の手順で対応することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]