醸造原料市場、2021年~2028年のCAGRは6.9%と予測

醸造原料市場は予測期間(2021-2028年)に年率6.9%で成長すると予測されています。

醸造は、デンプン、水、酵母、ホップの相互作用を制御してビールを製造するプロセスです。市販の醸造機を使用するほか、さまざまな方法で行うことができます。水と酵母などの発酵性炭水化物源、ホップ、そして最もポピュラーな麦芽である穀物が、ビールの製造に用いられる主要な材料です。ビールはこれらの物質から色、タンパク質、風味、香り、安定性、デキストリンなどを得ています。

ビールに使用される水のミネラル成分は、飲料の要求に応じて変更されます。これらの成分は、タンパク質、色、苦味、風味、安定性、香り、デキストリンなどをもたらします。ビールはより幅広い成分を可変量で組み合わせ、蒸留酒、サイダー、ワインミード、その他の飲料がかなわない複雑な味わいを作り出しています。

ビールの消費量の増加、低アルコールまたはゼロアルコールビールは、さらに醸造用原料市場の成長を促進すると予想されます。

ビールの新しいフレーバーの導入は、今後数年間で繁栄するために醸造原料市場のためのさらなる見通しを作成します。さらに、有機ビールやクリーンラベルのビールへの需要の増加は、世界の醸造原料市場を拡大する機会になるでしょう。

市場力学

ビール消費量の増加

予測期間中、世界の醸造用原料市場は、低アルコールまたはゼロアルコールビールの需要増により成長すると思われます。ライフスタイルの変化による健康志向の高まりは、食品・飲料事業において健康的な製品への需要を生み出します。 また、低アルコール製品は、罪悪感なくアルコールの風味と経験を味わえることから、より人気が高まっています。タンパク質などの栄養素を多く含みながら、炭水化物や糖分、アルコール分を抑えたビールが求められています。消費者の間でビールの人気が高まるにつれ、ビールに対する嗜好も高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]