基礎インスリン(持効型インスリン)の市場、2021年~2028年のCAGRは4.2%の高成長が期待

基礎インスリン(持効型インスリン)の市場は、予測期間(2021年~2028年)に年平均成長率4.2%の高成長が見込まれます。基礎インスリンは、作用発現が緩やかなインスリンの一種です。食間や就寝前に服用することで、食事をしていない時の血糖値のコントロールに役立てられます。

市場力学

基礎インスリン(持効型インスリン)の市場を牽引すると予想される要因は、糖尿病治療に対する需要の高まりが市場成長の原動力となることが期待されています。

・糖尿病治療に対する需要の高まりが市場成長の原動力になると期待

糖尿病は生活習慣病の一つとして広く認識されています。世界的な人口の増加に伴い、この病気の発症率は時代とともに増加しています。

全世界で約1億人がインスリンを必要としており、その中には1型糖尿病全員と2型糖尿病の10〜25%が含まれています。基礎インスリンはバックグラウンドインスリンとして作用するため、糖尿病管理における重要な要素となっています。食間や睡眠時などの空腹時に血糖値を安定させることを目的としています。

インスリンは、血液中のブドウ糖が体内の細胞に吸収されるのを助け、必要なエネルギーを供給します。燃料が必要になると、血液中のブドウ糖の一部は肝臓に貯蔵され、ゆっくりと形成されて血液中に放出されます。

1型糖尿病の人は自分のインスリンが分泌されないため、血糖値をコントロールするために基礎インスリン注射に頼らざるを得ません。しかし、2型糖尿病であれば、体内でインスリンが生成されます。ランタス(インスリン グラルギン)は、最初の長時間作用型インスリンです。

・基礎インスリン(長時間作用型インスリン)に関連する副作用が市場成長の妨げになると予想

低血糖(低血糖症)は、体内の血糖値に対してインスリンを常に過剰に投与した場合に発生する可能性があります。低血糖は、疲労感、震え、イライラ、発汗などの原因となります。また、心臓の拍動が不規則になることもあります。太る インスリンは、食物から摂取した血糖を、エネルギーとして利用するために細胞内に取り込むのを容易にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]