末梢血管デバイス市場、2021年~2028年までのCAGRは6.5%の予測

末梢血管デバイス市場は、2021年の113億7,513万米ドルから2028年には176億7,972万米ドルに達すると予測され、2021年から2028年までの年平均成長率は6.5%と推定されています。

血管系デバイスは、心臓血管の手術後にカテーテル治療を行う際に、動脈の閉鎖と止血のために使用される医療デバイスと言えます。臓器や手足、頭部に血液を供給する動脈に動脈硬化性プラークが増えると、末梢血管障害(PVD)が引き起こされます。末梢動脈閉塞性疾患(PAOD)、末梢動脈疾患(PAD)、末梢閉塞性動脈硬化症などは、いずれもこの病態を表す言葉として使われています。IVCフィルター、血管造影用カテーテル、EVARステントグラフト、血行動態改善装置、ペスト修正装置は、末梢動脈や冠動脈疾患の治療、および末梢血管内治療や冠動脈治療で用いられる末梢血管用装置の一つです。これらのデバイスは、外科手術中に最小限の混乱を引き起こしながら、患者の干渉を減らすために利用されます。

市場動向

末梢動脈疾患と動脈塞栓症の増加

世界の三大CVDは、冠動脈疾患、脳血管疾患、末梢動脈疾患です。ここ数十年、世界的な心血管疾患の予防と制御が盛んに行われていますが、その取り組みは主に、世界の主要な死亡原因である冠動脈疾患と脳血管疾患に焦点が当てられています。末梢動脈疾患は、あまり注目されていないにもかかわらず、世界の死亡や身体障害の重大な原因として浮上しており、低・中所得国(LMICs)における負担が増加しています。

血管の閉塞は、末梢動脈疾患(PAD)または末梢血管疾患(PVD)を引き起こし、手足(最も一般的なのは足)への血流を減少させます。2017年、70,200人が末梢動脈疾患で死亡し、2007年と比較して55.7%増加し、年齢標準化死亡数では約10%増加しています。年齢、高凝固性、心臓の異常、動脈硬化性疾患などの既往症により、手術患者や集中治療患者は動脈塞栓のリスクが高いとされています。これらの要因が、世界の末梢血管デバイス市場の成長を大きく支えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]