グレオキサール市場、食品用包装資材の需要拡大

化学式OCHCHOで表されるグリオキサールは有機化合物の一種で、アルデヒド基を2つ持つ化学グループ「ジアルデヒド」に属します。グリオキサールは最も小さなジアルデヒドで、低温では白色、融解に近づくと黄色になる結晶性固体として存在します。蒸気は緑色で、オリゴマー化する水和物を生成するため、純粋なグリオキサールが得られることはほとんどありません。

グリオキサールのバルクは、重量比で40%の水溶液として製造・報告されています。中間体や架橋剤として様々な産業分野で使用されています。また、グリオキサールは、糖尿病、動脈硬化、慢性腎臓病、アルツハイマー病など、老化や様々な変性疾患の発症や進行に関連するバイオマーカーにも応用されています。

グリオキサールの製造は、銀や銅の触媒を用いたエチレングリコールの気相酸化法(ラポート法)やアセトアルデヒドの硝酸による液相酸化法などが一般的で、特にラポート法では、グリオキサールの水和物も製造されています。ドイツのルートヴィヒスハーフェンにあるBASF社の工場は、グリオキサールの商業生産で最大の拠点であり、年間およそ6万トンを生産しています。同様の製造施設は、米国と中国にもあります。

食品用包装資材の需要拡大

包装食品の人気は日に日に高まり、市場での需要も急増しています。データによると、未焙煎シリアルフレークまたは膨張シリアルの混合物から得られる調理食品の世界輸入額は、2018年の938,699トンから2019年には934,169トン、2020年には95万6,624トンに増加しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]