網膜剥離診断市場、2021年~2028年にCAGR5.4%に到達予測

網膜剥離診断市場は、予測期間中(2021~2028年)にCAGR5.4%に到達すると予測されています。   

網膜剥離は、光を処理する目の奥の組織の層が周囲の組織から引き剥がされる目の疾患です。網膜に裂け目ができ、眼球内の液体が網膜の裏側に入り込むことが原因です。網膜の機能不全を引き起こすため、速やかに治療しなければ、永久的な視力低下につながる可能性があります。網膜剥離は、重度の近視、目のけがや白内障手術、網膜剥離の家族歴などが原因で発生することがあります。

市場力学

公衆衛生の向上と保険適用範囲の拡大を目的とした政府の取り組みが、市場の成長を加速させています。さらに、白内障手術の増加、近視、中国や日本などの国々で着実に増加している老人人口(国連の2017年「世界高齢化人口」報告による)が、網膜剥離診断市場を牽引する主な市場となっています。

市場における視覚疾患の有病率の上昇が市場成長の原動力

世界保健機関(WHO)によると、世界で1億8,000万人が視覚障害者であり、4,000万人から4,500万人が失明しているとされています。

WHOの推計によると、世界の失明者の約80%は予防が可能です。必要な知識と医療的介入が適切な時期に行われれば対処可能であり、ある条件のもとでは回避可能な結果でもあります。

WHOやその加盟国、非政府組織(NGO)、民間企業、その他の国連機関などの組織を含む国際社会は、意識を高めるために協調して努力してきました。世界アイヘルス行動計画2014-2019では、世界的な公衆衛生問題としての回避可能な視覚障害を減らし、視覚障害者がリハビリテーション治療を受けられるようにすることを目標としています。その結果、網膜剥離治療市場は予測期間を通じて成長することが期待されます。

行動計画によると、多国間組織とその加盟国は、予防可能な視覚障害の患者数を、2010年に設定したWHOの基準値と比較して、2019年までに25%削減するという目標を掲げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]