小児硝子体手術市場、2021年~2028年にCAGR6.5%へ到達予測

小児硝子体手術市場は予測期間2021年~2028年にCAGR6.5%へ到達すると予測されます。

小児硝子体手術は、小児の眼球中央から硝子体ゲルを除去するために用いられる外科的処置です。硝子体手術には、硝子体平面切除術と前眼部切除術の2種類があります。硝子体手術は、患者の眼の眼内炎、網膜剥離、硝子体出血の治療に使用されます。一方、前眼部硝子体手術は眼球の前房を治療するものです。

市場動向

小児用硝子体手術市場の成長は、世界中で増加している眼・視覚障害症例、眼障害症例に対する治療オプションの認知度向上、償還政策に牽引されています。

市場における視力障害の有病率の増加は、市場の成長を促進

小児用硝子体手術市場の成長を促進する最も重要な要因の1つは、視力や目の障害に苦しむ子供の数が増加していることです。非侵襲的な硝子体手術に対する需要の高まりが、市場の推進力となっています。また、新しく高度な硝子体手術システムの開発も、市場の成長に寄与すると予想されます。小児用ガラス管切除術市場は、安全かつ効果的なガラス管切除術の外科的処置の重要性に対する国民の意識が高まっていることから、恩恵を受けると予想されます。治療法や償還政策を改善するための政府の取り組みが、市場の成長に拍車をかけています。パイプラインにある製品は予測期間中、市場の成長を促進すると推測されます。

感染症リスクの上昇が市場成長の妨げ

小児用硝子体手術の副作用には、細菌感染、炎症、眼球内の出血、白内障の形成または進行、眼圧上昇(緑内障)または眼圧低下などがあります。手術中の目の深刻な状態を治療するために、硝子体代替物としてシリコンオイルを使用しますが、このシリコンオイルは数週間から数ヶ月間患者の視力を低下させ、小児硝子体手術の数ヶ月後にシリコンオイルを除去する再手術が必要になることがあります。術後23時間、うつ伏せの姿勢でストレスや不快感に対処しなければならないため、眼科手術からの回復がより困難となります。これらの要因により、小児用硝子体手術市場の成長が制限されることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]