粘液除去装置市場、2021年~2028年に年平均成長率6.1%に到達予測

粘液除去装置市場は、予測期間(2021年~2028年)に年平均成長率6.1%に到達すると予測されています。   

呼吸器系における気道の自浄機構は、粘液除去(MCC)、粘膜繊毛輸送、または粘膜繊毛エスカレーターと呼ばれています。 これは肺の組織に到達する前に、病原体を含む吸入された粒子を除去する肺の保護プロセスです。粘液除去装置は、気道から粘液を除去するための器具です。これらの機器は、粘液の排出を助けるために呼吸療法の手順で使用されます。PEPデバイス、OPEPデバイス、HFCWOは、粘液クリアランスデバイスの一例です。 

市場力学

粘液除去装置の世界市場の成長は、喘息およびCOPD患者の増加、医療分野における政府資金の増加によって牽引されています。

喘息とCOPDの患者数の増加が市場成長の原動力

粘液除去装置市場の成長は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)と喘息の有病率の上昇に牽引されています。喘息は、粘液の生成、炎症、筋肉の緊張が肺の気道を閉塞させる呼吸器疾患です。同様に、慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、気道の閉塞により呼吸困難に陥る疾患で、主な原因としてタバコの喫煙が挙げられます。

ニュージーランド・オークランドにあるGANグローバルセンターが発表した「2018 Global Asthma Report」によると、喘息は障害をもって生きる年数の主要原因の16位、障害調整生命年で定義した疾病負担の主要原因の28位にランクインしているそうです。世界では約3億人が喘息を患っており、2025年までにさらに1億人が喘息になると予想されています。CDCによると、2018年には900万人の成人が慢性気管支炎と診断され、粘液除去装置の需要増加につながり、市場を活性化させています。

喘息の有病率、重症度、死亡率は、国によって大きく異なります。喘息は高所得国でより一般的ですが、喘息に関連する死亡のほとんどは低・中所得国で発生しています。このことが市場の成長に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]