下大静脈フィルター市場、2021年~2028年にCAGR8.5%で推移予測

下大静脈フィルター市場は、予測期間中の2021年~2028年にCAGR8.5%で推移すると予測されています。   

下大静脈フィルターは、致命的な肺塞栓を防ぐために血管外科医やインターベンショナルラジオロジストによって下大静脈に埋め込まれるデバイスです。血栓は体内で分解されるまでフィルターに捕捉されます。下大静脈フィルターの処置は通常無痛です。

市場動向

心血管疾患と診断された人々の数と、オプションで回収可能な下大静脈フィルターに対する需要の高まりが、市場成長をもたらしています。さらに、患者回収アプローチの技術革新が進んでいることも、市場成長を後押しする可能性が高くなっています。デジタルカテーテル検査室の発達は、市場拡大の機会を提供すると期待されます。下大静脈フィルター治療に対する国民の意識の高まりや、高度なインフラ設備の確立に向けた政府の取り組みや投資が、予測期間中に市場の成長を促進するものと思われます。

市場における静脈血栓塞栓症の有病率の上昇が市場成長の原動力

心臓疾患の有病率の上昇と低侵襲性技術の需要の高まりが市場成長を牽引しています。下大静脈フィルターは、急性静脈血栓塞栓症(VTE)を発症したものの、抗凝固療法を受けられない患者に処方されます。また、抗凝固療法が無効と思われる患者にも、IVCFが頻繁に推奨されています。

下大静脈フィルターは、肺塞栓症(PE)を予防し、静脈血栓塞栓症(VTE)関連の死亡率を低下させるために設計されました。VTEは世界中でより一般的になってきています。米国疾病対策予防センター(CDC)によると、VTEに罹患する人の正確な数は不明ですが、米国では毎年90万人(1,000人に1~2人)が罹患していると考えられています。このような有病率の上昇により、市場は急速に拡大すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]